お知らせ

ゲーム内お知らせに載っていない加入キャラに関しては実装から1ヶ月を目途にネタバレ解禁をします。ご注意ください。

★記事作成後にゲーム側で追加・修正・変更されたものに関して更新が追い付かず、反映されていないものも多いです。当ブログに問い合わせる前に、ゲーム内のお知らせを確認してください。

★次回の今日のアナデンでいくつかのコメント返しを予定しています。

1度お目通しくださいよくある質問や意見・用語まとめ 

アナザーエデンのキャラランキング

2017年11月19日

!注意!

このページはストーリーで仲間になる星5キャラや、星4から星5に格上げされるキャラのネタバレを含んでいます。

誰が仲間になるのか知りたくないという方はご覧にならないよう注意してください。

アナ談式 オススメキャラランキング

10/11 更新内容

  • 新キャラクターのASフェルミナをAランクに追加
  • ASイスカをA→Bに変更
今回の評価について
ASフェルミナの追加と現代ガルレア大陸の攻撃グラスタ上方修正。

まずはASフェルミナについて。初の速度関係なしに確定で先制できるスキルを持ち、先制全体攻撃+気絶+物理耐性デバフ、全体攻撃+腕力デバフ+全属性耐性バフ、自動蓄積、鈍足気味だが蓄積により速度UPと、1つ1つの特徴は有用なものも多く使い勝手が良さそうに見えるが、それらを1つのキャラにまとめた結果、見事なまでに噛み合わない性能となってしまっているという印象。

先制攻撃が蓄積解放…すなわち高火力スキルを兼ねてしまっているが故に先制攻撃のターンは仲間のサポートが受けられず、元が鈍足気味なせいで火力を出すうえで重要なクリバフの付与にも一苦労。本来とどめを刺すものである高火力スキルに後続の火力をUPするデバフや気絶がついているのもやや噛み合わない。戦闘開始時と毎ターン終了時に自動で蓄積される特性も上記の問題と併せて、せっかくの『もとは鈍足だけど蓄積や先制攻撃で行動順を操作できる』特性を扱いづらいものにしてしまっている側面が強い。

ラルムを中心として雑魚狩りを先制攻撃でこなしつつ、ボス戦では被ダメージを抑えながらタイミングを見て高火力を出していく…というのが基本的な立ち回りとなり、上位陣の火力がぶっ壊れていて必要な火力の捻出にターンがかかりにくい風属性としては当ブログ基準で詰めて考えた際に役割を持てる場面がやや少ないか。とはいえBランクの面々と比較すると明らかに強く、異境での活躍などを考えてAランクとした。

バランスを考えてASイスカをBランクに降格。やはりクリバフというアイデンティティーを奪われたのが痛い。

グラスタの上方修正に関してはこれによるキャラ評価の変動はないものと認識しているが、サイラスが天255で装備次第で全攻撃常に確定クリティカル状態にすることができるようになった点を評価に含めるか検討中。天上げ出来る配布キャラとは言え天255前提の評価というのは…天255でなくともかなりのクリティカル率となるが、確定でないためこれを評価するのも評価基準に反しているか…と葛藤中。また、サイラスの件も含めてA~Cランクの境界がぼやけてきてしまっている気がするため、こちらも調整を検討中。

※わら坊について

暫定Cランクだと考えてはいますが、先行して育成している方の情報を見る限りではフリー枠のAかBランクを検討中ですが、自分ではまだ育成が済んでおらず、効果的な構成や使い方について研究が必要な段階であるため今回は評価をしませんでした。次回以降、実用してから反映します。

表の見方

ランクの基準

SSランク…いわゆる『ぶっ壊れ』。他のキャラとは次元が違う強さを誇り、評価の公平性を損なう可能性があるため特別枠として分けて扱っている。

S+ランク…破格の強さで各属性を代表するキャラクター。基本的にはこれらのキャラが1人も編成されないということはまずない。

Sランク…S+ランクには僅かに及ばないながらもパーティ編成の中心となれるキャラクター。およびその役割において戦術の核となるようなレベルのキャラクター。

Aランク…上位ランクのキャラクターで足りない役割を補ったり、状況次第で上位ランクを超えうる活躍が期待できるキャラの中でも特に高水準のもの。基本的にはこれ以上のキャラクターでパーティを編成することが多い。

Bランク…場所を選べば大いに活躍できるが、上位ランクのキャラクターに役割を奪われがちであり、最適解に入る場面がAランクと比べて限られるもの。

Cランク…役割を遂行する能力が低く、そのうえで役割被りをしやすいなど他のランクのキャラクターと比べて大きな強みのないもの。

強さや活躍の定義

  • 評価は全キャラクターを比較し、実装済みの全コンテンツにおいてどれだけ有用であるかという考えのもとに行っています。
  • 『強い』『活躍』という言葉の定義として、当ブログでは”できる限り行動を最適化して短いターン(時間)・少ない手順で安定して多くのコンテンツをクリアできること”としています。このランキングはその考えに沿って全キャラ内で最適解に選ばれやすいキャラクターを上位ランクとしています。

ZONEや顕現について

ZONEの影響や顕現武器、グラスタの性能も考慮した評価となっています。

注意点

  • あくまで個人の考えとして、参考程度にご利用ください。
  • 『SSランクは必須』『Cランクは使えない雑魚キャラ』という考えはしていません。あくまで評価基準における純粋な格付けであり、他意はありません。
  • 評価の基準をよく理解したうえで用法を守ってご利用ください。『上から順にパーティに入れれば最強パーティ』という意味の表ではありません。
  • ランクごとの並び順は属性ごと・実装順です。
  • 評価はアナザーエデンのアップデートに合わせて変動する場合がございます。

前回の評価

個別コメント

火属性の星5キャラ

火属性の総評
少し前までは優等生色が強くどのキャラもバランスよく強い印象だったが、最近はZONE持ちキャラの性能差、毒ペインの確定付与手段の不在、3回以上の攻撃手段の少なさ、味方全体への速度バフ付与手段の不在など他の属性と比べて手の届かない部分が多く、性能的に物足りなさを感じるキャラが多くなってきた。特にS+ランクとしているASアカネとASガリユに関しては他属性の同ランク帯のキャラと比較すると他にいないから・ZONEが強いだけという側面が強くなってきている。
個別コメント
顕現武器を獲得し、サービス開始初期から変わらず火の3回攻撃アタッカーとして安定した地位をキープ。火属性の上位キャラの中では味方全体に作用するバフデバフを多く持ち、重要度は高い。
シオン
顕現武器の獲得により最強クラスの雑魚狩り役に。こちらも安定した位置にいる。
ガリユ
顕現武器の実装で火属性屈指の高火力キャラになったが、その火力を揮うための下準備に手数かかかるため当ブログ基準では評価を上げきれなかった。冥255フル装備でもバフなしで速度249にできない点が新グラスタの登場で一応解消された。
ユーイン
実装当初はハイスペックなサポートアタッカーとして起用されたが最近ではパワー不足が目立つ。顕現武器の実装が待たれる。
セティー
火属性には貴重な属性物理の特大全体持ち。優秀だがAランクと比較すると実力を発揮できる場所を選ぶためBランクに。
アルド
サポートアタッカーだがサポートの内容がAランク以上のキャラだけでほぼ完結してしまっているものしかない為採用率がかなり低い。とはいえ上方修正で2回攻撃を習得したため以前より格段に使いやすくなった。Cランクの中では上位に位置するキャラだろう。
ミーユ
強力な耐性デバフが高評価だが本人の火力の低さが足を引っ張る。火だけで見ると耐性デバフは他でも強力なものが揃っているため意外と出番が限られる。どちらかというと他属性との混合パーティでの活躍が目立つか。
ツキハ
火属性でも無属性でも使える高火力アタッカー。非常に使いやすいがさすがに最近では火力不足感が否めない。無難。
レンリ
特性を活かすのに手間がかかり、手間に見合ったリターンも得られない為Cランク。VCが星4相当なのも痛いが仮にレベルが上がっても厳しいか。ただ、全力で接待してあげれば火属性屈指の瞬間火力は出せる。
ギルドナ
大幅な上方修正を受け扱いやすくはなったものの、当ブログの評価基準においては具体的に他のキャラよりも活躍できるケースに乏しくC評価。グラスタの登場によりサポートキャラの重要性が相対的に下がったのも痛い。
ラディカ
実装当初は火属性待望の高火力キャラとして持て囃されたが、その後更なる高火力キャラがどんどん増えていき、立場が急下降した。足の遅さと独特なスキル構成を活かして器用に立ち回れるため、相性のいい仲間や敵が増えれば再び活躍の芽はある。
ホオズキ
超高速高火力アタッカー。速いターンでのアナザーフォース火力が非常に高く当ブログの基準としては高評価。ただし総評にも書いた通り、他属性のS+帯のキャラと比較すると他の仲間のサポートが一切できない点で物足りなさも感じられ、今後の環境の推移によっては評価が変わってきそうな気配が立ち込めている。
アカネ(AS)
状態異常に強い超万能魔法使い。火力は高くはないが一人で何でもできるのが結果的にターンの短縮や編成枠の余裕に繋がりやすいと判断しAランク。
ロゼッタ
なんでもかんでも詰め込んだ系女子。3回攻撃持ちかつ累積デバフ持ちでなんでもできる多彩なスキルも持ち火属性内での採用優先度は非常に高い。毒グラスタとも相性がよく今後さらなる活躍が期待される。
ラブリ
火のZONE発生役。ZONE自体が非常に強く、本人も高火力で当ブログの評価基準に合っているためS+ランクに。ただしユナやクロードと比べると本人のスペックがどうにも微妙で、特に速度バフや耐性デバフがない点が気になる。ZONE下ではモーションの長い3回攻撃が微妙。
ガリユ(AS)
記事作成中。

貴重な火・打(突)の超火力アタッカー。アナザーフォースでは火力を出しにくいものの、能力の自己完結性が高く適当に攻撃しているだけで簡単に火力を出せるのが魅力か。アカネやガリユのASと並び、相変わらずパーティ全体の火力を伸ばせるバフ/デバフはもらえなかった。

セティー(AS)

水属性の星5キャラ

水属性の総評
全体的に当ブログの評価基準に合ったキャラが多く、並の性能では生き残れない魔境。S+のキャラだけでほとんどの役割が揃ってしまっているためSランクでも採用率に難があるレベル。そんな魔境であるが故にスペックの割に評価を落としているキャラも多いため実際はどのキャラを使っても普通に強く、ある意味評価が当てにならない属性筆頭かもしれない。
個別コメント
顕現武器により強化されたがASより活躍の幅が狭い。非常に優等生的でどんな状況でも安定して高水準に使えるバランスの良さは水属性内でも屈指。
マイティ
もともと優秀な3回攻撃アタッカーとして高評価であったが、顕現武器により火力という欠点を補った。が、上位が魔境過ぎて地位は変わらず…どころか純粋な水属性としての採用率は少し落ちた印象。今後は確定毒を活かした活躍が目立つようになりそう。
ラクレア
実装当初は高火力魔法アタッカーとして重要度が高かったが、人数が増えるにつれて徐々に居場所がなくなっていき、すっかりこのくらいの位置が安定するようになってしまった。顕現武器組を除けば純粋な魔法アタッカーとしてはまだまだ高水準か。
リヴァイア
攻撃しながら火力のサポートが出来る特殊なアタッカー。もともとポテンシャルは高かったが、ZONEの実装や各種超火力アタッカーの増加、ツキハが同じくお手軽火力アップの相方になれる…とプラス方向の環境変化が多いためAランクに。
メリナ
かつては水属性の高火力を支えた強力なサポートアタッカー。水属性の強力なアタッカーの増加と他ならぬ自身のASの登場により採用率は大きく低下した。が、顕現武器が追加され、再びトップクラスの火力貢献度を持つキャラに返り咲いた。ASとの使い分けがしやすく、いいバランスになったと言える。
シェイネ
驚異のゲージ回収力と安定した高火力で高評価であったが、昔と比べると他を押し退けてまで採用する場面は減ってきており、属性を牽引するほどの立場ではなくなったと考え暫定的にSランクに降格。水が魔境過ぎるだけで決して本人の能力に難があるわけではない。
マイティ(AS)
優秀なサポートスキルを持つ魔法アタッカーだが、上位のキャラと比較すると火力の低さがかなり気になる他、サポートの内容も上位キャラで問題なく賄える内容であるため活躍には場所を選ぶ。
サキ(AS)
扱いやすいサポートアタッカーだがやはり水属性はライバルが多く評価を上げきれなかった。最大の売りであるアシストスモークが上位キャラのバフと競合してしまうのが最大の悩み。ミストブラストに拳バフが追加されたため今後はそちらを活かしていきたい。
デューイ
メリナに続き殴りながら火力サポートが出来る特殊なキャラ。自身も火力が出せる点で差別化がされているが、腕力バフにVCを経由する点とモーションの長さが足を引っ張りA評価止まり。
ラクレア(AS)
水属性としての評価はC。本人の性能はモチロン、ライバルたちが強すぎる。
サイラス
パーティ全体を回復しながら攻撃できる強力なアタッカー。短いターンでのゲージと火力と耐久の確保という観点でも効率が良く、ヒーラーの新たな選択肢となる。が、より火力を出しながら回復できるデュナリス、同属性で同じく火力を出しながら回復できるASユナが実装され、唯一性が低下。
ASメリナ
3回攻撃持ちで火力も高めなバランスの良いアタッカー。ライバルの多い水属性の中で若干立場が怪しくなってきたか。魔境過ぎる。
シグレ
多彩なバフを詰め込んだ欲張りサポートアタッカー。デュナリスとASユナの登場によりクリバフ目的での出番を完全に失い、斧バフに絞っての採用になりやすい。
フィロ
驚異の属性4回+自傷1回攻撃に自己累積バフ付の自動全体攻撃、唯一性の高いVCでの高火力全体攻撃、高い速度に優秀な武器防具と隙の無い構成となっている。水属性の新時代を築き上げた。
ヒスメナ
クリティカル運用に特化した超火力アタッカー。クリティカル込なら速いターンで全キャラ中トップクラスのダメージ効率を誇り強力だが、現時点ではあまり役に立たない男性バフの演出が鬱陶しいのが非常に痛い。
シェイネ(AS)
水のZONE担当。強力なゾーンに加え、水攻撃バフ・水耐性デバフ、100%のクリバフ、速度バフ、治癒と状態異常回復、腕力物理耐性デバフ・知性全属性耐性デバフと凄まじいサポート能力を誇り、さらにZONE下では自動回復までする。ただでさえZONEが強いのに本人まで強いのは反則気味。
ユナ(AS)
水属性のペイン起動要員。重要性を大きく増したペイン付与にとどまらず、そのまま本人が水トップクラスのダメージを出しに行け、攻撃回数も驚きの5回、討ち漏らしにも腕力知性デバフとハイスペック。気絶のデメリットについては扱い方を間違えなければほとんど気にならない。
ニケ(AS)

地属性の星5キャラ

地属性の総評
1時期は不遇筆頭属性であったが、エースアタッカーが続々と追加されテコ入れが図られた。結果、A以上とB以下の格差がかなり酷い感じになった。待望の地ZONE持ちであるミュンファが恐ろしく強く、当ブログの評価基準でも非常に重要な属性になった。
個別コメント
初期から第2部の実装まで地属性最強の座を守り抜いた魔法アタッカー。顕現により強化されたが環境的には少々物足りない強化になっており、可もなく不可もなく、無難に強いという印象。
トゥーヴァ
使いやすい特大全体2回攻撃を持つが、今となってはスペックの低さが目立つ。普通の全体攻撃の火力としては申し分なく、刺さるところでしっかり活躍できるだけの地力はある。
ロキド
特に最近のキャラと比べると星5キャラとしては出来ることの幅が非常に狭いが、地属性としては高めの単体火力で一定の地位を確保。顕現により強化されたが自身のASという最大のライバルのせいで影が薄い。
ナギ
AF向けのVCを持つが自身のAF適性は高くなく、VC以外に特徴があまりない。地ZONEの実装によりAF用アタッカーとして非常に使いやすくなった。VC以外のスペックは最近のキャラに遠く及ばないため、こうなってくると今度は顕現武器が待ち遠しい。
シェリーヌ
攻守のバランスの良い魔法キャラ。顕現武器実装で攻防ともにさらに強化され、対強敵戦で抜群の安定感を誇る。普段使いとしては当ブログの評価基準的にそこまでの採用率にはならないと判断しAランク止まりとしたが、ポテンシャルは間違いなくSランクレベルになった。
ミュルス
サポートアタッカーだが攻撃・サポート共にスペック不足か。サポートの内容も上位ランクのキャラ達で事足りているものがメインであり、本人の火力も最低クラス。
シエル
強力な特殊追撃スキルを持つ魔法アタッカー。優秀ではあるが本領を発揮するのにターンがかかる点から当ブログの評価基準では評価を落としている。グラスタやZONEの登場により一層『アナザーフォースでさっさと倒した方が速い』環境になったため、Bランク。
トゥーヴァ(AS)
地属性としてはあまり目立った特徴が無くVCが便利なだけの普通のアタッカーという印象。やはり無属性での活躍がメインになるだろうが、ZONEの実装でそちらも怪しくなってきた。これも実装当初は一時代を築いたキャラであり、仕方ないとはいえ少々悲しい。
エルガ
無属性3回攻撃魔法を持つ地属性魔法アタッカー。地属性としてのスペックはあまり高くなく、採用率はかなり低め。
ヘレナ
地属性待望の全部入りアタッカー。3回攻撃にオマケつき全体攻撃2種とやりすぎなくらい強いが、当ブログの評価基準で考えるとちょっと強い3回攻撃持ちという枠からは出られず、S+ランク入りは見送った。
ツバメ
超火力ボスキラー。欠点も多いが高すぎる火力の前にすべて吹き飛ばしてS+ランク入り。地弱点だけでなく等倍相手でも工夫次第でいろいろと高速撃破できる柔軟性が売り。確定ペイン付与も重要度が非常に高い。
ASナギ
Bと言われると高すぎる気がするしCと言われると低すぎる気がする。かなり悩んだがBランクのキャラ達と比較して当ブログの評価基準で明確に優れている点が見当たらないためCランクとした。グラスタや装備で補強してやればヒーラーとしては不自由なく活躍できるが、前衛でMPを回復できる点などは現状大きなメリットには感じられなかった。配布縛りなどでは超重要なキャラなので評価基準によって評価が大きく変わってくるだろう。
リィカ
3回攻撃と非常に便利な全体攻撃+確定知性デバフを獲得しSランク入り。言うことないくらいシンプルにとても強い。
ロキド(AS)
記事作成中。

強力な瞬間火力スキルとAF用の2回攻撃+2種類の累積耐性デバフを評価してS+ランク入り。耐性デバフの汎用性が高く他属性との混成パーティでも力を発揮しやすい。

プレメア
記事作成中。

地ZONEに加え、確定クリティカルバフ、クリティカル時威力バフと全属性攻撃バフが高倍率でVCして茶柱グロリアスするだけでとんでもない倍率の火力UPをばらまく。倍率が高い上に被りにくい能力故に他属性でも使え、防御面もてんこ盛り。デュナリスに並ぶぶっ壊れキャラ。

ミュンファ

風属性の星5キャラ

風属性の総評
水属性以上に上位陣がドエライことになっている魔境。その魔境ぶりはこの属性のためにSSランクという別枠を用意したほど。魔境過ぎてもはや『誰使っても敵が死ぬ』状態のため評価は困難を極めたが、わりとしっかり基準に則った評価ができたように思う。
個別コメント
昔は微妙な性能ですっかり下位ランクが定位置になっていたが、専用武器の登場で一変。ASシュゼットをも超える超弩級高火力アタッカーとなり、見事SSランク入りを果たした。重要度を増した毒ペインの起動役にもなれる。強すぎて他のキャラと比較にならない。
シュゼット
3回攻撃持ちの定番アタッカー。もともとアナザーフォース適性が高く強力だったが顕現武器実装で大幅強化。ランクは変わらずSとしているがSランクの中でも頭一つ抜けた感がある。これだけ強くても風にはまだまだ上がいるのだからやるせない。
アザミ
便利なVCとバフスキルを持つサポートアタッカーだが、役割のほとんどが別のキャラに奪われてしまい出番は非常に少ない。顕現武器の実装で火力面が大幅強化されたものの、相変わらず役割が上位陣と被りやすくイマイチ枠がない。風属性なのが運の尽きだったか。
イスカ
当評価基準では文句なしでS+ランク。ノーマルシュゼットが強くなったため採用率は大きく落ち込んだが、別にASシュゼットが弱くなったわけではないので変わらずS+ランク。
シュゼット(AS)
毒ペインで強化される3回攻撃持ち。が、フェルミナよりも他のキャラを強化したほうがダメージが出るという魔境ぶりでイマイチ『固有の特性』として機能していない。正直普通に強いのだが、風属性ではAランクという評価に。
フェルミナ
攻守どちらのサポートもイケる万能アタッカー。もともとエイミなどの登場で地位を落としていたが、ほぼ同等のサポートができてZONEを展開できる自身のASが登場して役割のほとんどを失った。VCを活かせる場面なら。
クロード
効果が切り替わる特殊なスキルを持つサポートアタッカー。サポートの効力を発揮するのにターンがかかりすぎ、風パーティ相手に5ターンも6ターンも生きていられる敵が存在しないため、その点では当ブログの評価としては低評価。相性の良い仲間が追加され使いやすい環境になったため一時はAランクに昇格したものの、デュナリスの登場から雲行きが怪しくなり、Bランクに逆戻り。
イスカ(AS)
ワールウィンドが非常に強力だがそれ以外は比較的標準的な能力で目立った活躍はしにくい。ワールウィンドの価値がそのままシャノンの評価になりやすい。
シャノン
第2部で星5キャラより速い敵が増えたためVCの需要がさらに増した。逆に元から速いキャラが増え、グラスタによりバフ無しで速度249やAF火力を出す手段が増えたことと、ZONEの登場により等倍相手の無属性の価値が激減したためAF用のVC要員としては大きく需要が低下。強力なキャラだが風属性としては少々パンチに欠けるためAランク。
エイミ
バランスよくまとまった魔法アタッカー。優秀ではあるがライバルも多く、シールドが必要な場合以外での採用理由に欠けるためスペックの割に出番は少ない。
ヴェイナ
風属性は対ボス性能が異常に高いものの、全体攻撃の火力に難儀する場面がたまにある為、特大全体2回攻撃が刺さるシーンで強い。と言っても他にできることが無い為やはり場所を選ぶか。全体攻撃が売りなキャラの中ではボスへの火力も悪くない方。ただ、ノーマルシュゼットの強化、キキョウの登場が非常に痛い。
イルルゥ
条件次第でトップクラスの2ターン目火力を誇る特殊なアタッカー。2ターン目の火力だけならS+以上とも言え、普通に使っても無難に強い。
ヴィアッカ
驚異の属性6回攻撃を持つアタッカー。平均でも4回攻撃でき、物理耐性バフを撒きながらゲージを稼ぎ蓄積を溜めていく無駄のなさが優秀。ただし操作の面倒さは全キャラ中でも屈指。Sランクの中では若干活躍の場が限られるか。
ルイナ(AS)
攻めて良し、守って良しの超強力サポートアタッカー。100%のクリティカルバフを回復しながら連続でばら撒くという既存のクリティカルバフのすべてを過去にするスキルを持ち、AFを使わない場合に非常に強い。高倍率風バフに高倍率速度バフ、属性3回攻撃まで持ちAFでもトップクラスの強さを誇り、回復スキルに腕力知性両方に対応したデバフ、状態異常回復とさすがにちょっとやりすぎ感がある。魔法ゆえにグラスタで速度を上げやすいのも良い。性質上他の属性のパーティにすら平気で採用されるぶっ壊れキャラ。
デュナリス
記事作成中。

風のZONE担当。ZONEはもちろんのこと、本人も風耐性の累積デバフに物理耐性デバフ、ZONE下での自動腕力バフ撒き、状態異常無効、知性速度バフ、腕力知性デバフ、高火力スキルとモリモリ。風のZONE中AFはデュナリスの操作が難しいため、蓄積→蓄積解放を1つのスキルでできるのもありがたい。

クロード(AS)
記事作成中。

分身による攻撃回数増と攻撃回避、速度依存の攻撃スキルが特徴の高速アタッカー。速度バフで異常に火力が上昇し、条件次第ではいとも簡単にシュゼットにも匹敵する火力をわりとお手軽に出せる。

キキョウ
速度に関係なく最初に行動できるスキルを持つトリッキーなサポート兼アタッカー。鈍足+蓄積による速度UP、先制気絶攻撃や腕力デバフ+全属性耐性バフなど有用な特徴を持つが、自身の長所を自身の特性で潰してしまっている感があり、現状ではラルム対策以上の役割が持ちづらい。
フェルミナ(AS)

フリーの星5キャラ

その他の総評
もともと当ブログの評価基準で考えるとヒーラーやタンクを使わないケースが非常に多く、さらに環境の変化により無属性のアタッカーキャラも活躍の場がかなり限られる格好となったため、そういったキャラをまとめてフリー枠として別枠評価した。評価基準上、そもそもここに属するキャラのほとんどが今は事情がないと採用しないキャラであり、そのまま評価するとほとんどB以下という話になってしまうため、他の属性とはある程度区切って考えている。
個別コメント
初期から常に最強のヒーラーと揺るがない評価を受ける万能ヒーラー。速度の高さでVC砲台としても使え、ヒーラーという役割以上の活躍の幅を持つ。当ブログの評価基準としてはついに最高評価の座をデュナリスに奪われたが、純粋なヒーラーとしての安定感は今でも屈指であり、火力が通用しない強敵相手にはやはり頼りになる。
マリエル
元祖タンクで実装当時は大活躍していたが、耐久面のバフやデバフの付与手段が増えるごとに少しづつ肩身が狭くなっていき、ベルトランが登場してからは完全にCランクの守り神に。その後幾度の上方修正により他のタンクとは違った方向性での強化がなされ、顕現武器も獲得し盛り返した。
アナベル
ほぼ何でもできる万能サポーター。本人の攻撃能力は低いものの上手く扱えば最低限の火力と耐久を短いターンで確保してくれる縁の下の力持ち。グラスタと各属性への優秀なヒーラー・サポーター追加によって若干評価を落とした。重要度の高い速度のサポートが自力では出来ないのが難点。
ユナ
アナベルの居場所を奪い去った最強のタンク。そもそもタンクの活用場所が少ないゲームバランスではあるが、タンクキャラとしての性能は文句なし。強敵が追加されるたびに活躍の場が増えており、とりあえずベルトラン入れとけば何とかなる感からSランク入り。
ベルトラン
火属性でも無属性でも無難に強い高火力アタッカー。無属性としてはエルガと相性が良いのが好評価。
レンリ
高火力な無属性3回攻撃とアナザーフォースのダメージ強化に非常に有効なVCを持つ。彼女がいるといないとでAFの総ダメージが大きく変わる。
エイミ
対物理VCと無属性4回攻撃。無属性は弱点によるゲージ増加が無いため属性パーティ以上に攻撃回数が重要になる。ペインで火力を伸ばせるのも強力。
エルガ
上方修正により挑発を獲得し、タンクとしての活躍が見込めるように。他のタンクとは一線を画す攻めるタンクで、迎撃+ランダム攻撃でバッサバッサと敵を倒していく新感覚タンクとなっている。
シオン(AS)
無属性3回攻撃を持つがすでに無属性は3回攻撃だけでは生き残れない群雄割拠。時代が悪かった。専用装備が追加されたが焼け石に水。
サイラス
こちらも無属性3回攻撃を持つがせっかくの3回攻撃なのにモーションが長すぎてアナザーフォースでの評価が低い。魔法優位の環境になれば逆転もあるか。
ヘレナ
無属性としても強力な万能アタッカー。手裏剣は強いが最適解になる場所は思ったよりない。
ツバメ
遂に登場した蘇生持ちヒーラー。後衛まで含めた全体回復スキルに蓄積による永続知性UP、相変わらず便利な全属性耐性バフと状態異常回復。これらを最速クラスの速度で撃てるのはやはり強力。VCによる全体回復も復帰力が高く非常に強力だが、メインスキルに治癒がなく、手数の短縮という当ブログの評価基準の命題からは少々離れた性能となっているためスペックの割に評価は低め。
マリエル(AS)
敵味方全体に影響する特殊なサポートスキルをこれでもかと詰め込んだ超万能サポーター。少々扱いにくさはあるがあまりにも万能かつ高水準なサポートが可能。MPのサポートも強力。
マナ
記事作成中。

育て方によって自分好みにカスタマイズできる超特殊なキャラ。まだ育て切れておらず、構成や使い方も定まっていないため今回は評価を見送った。使いやすいサポートスキルを習得でき、全キャラ中最速にできるためVC役などのサポート役として使っていくことになるか。

わら坊
記事作成中。

便利で多彩なサポートスキルと無属性4回攻撃、ZONEによって属性の変わる特殊な攻撃スキルを持つ。が、攻撃面ではかなりパワー不足でありとてもZONE下で使えたものではなく、サポートもマナをはじめとして優秀どころが多くイマイチ役割を持てない感じに。Cかと言われると低すぎる気もするが、Bでは高すぎる気がし、今回はCランクに。すべての属性にパッシブの耐性を持つ点や剣バフが生きる道か。

アルテナ

 

41