アナザーエデン テクニック集

2018年1月4日

アナザーエデンのテクニックを解説します。特にクリア後の高難易度コンテンツでは重要になってくる要素です。

バフ・デバフを活用する

バフ・デバフとは”味方全体の腕力20%UP”や、”敵全体の火属性耐性15%DOWN”などの、ステータスを上下させる効果の総称です。アナザーエデンにおいては非常に重要な要素であり、バフ・デバフをうまく使いこなせるかどうかが、難易度に大きく影響してきます。

まずは例を見てみましょう。画像はユナが敵の通常攻撃を受けたシーンです。

830ダメージを受けています。では次に、敵の腕力15%DOWNの威勢の符を使用してから敵の通常攻撃を食らいます。

361ダメージになりました。同じキャラが同じ敵から同じ攻撃をされ、デバフの効果は15%と一見低そうに見えるにも関わらず、ダメージは先ほどの半分以下になっています。

この例ではもともとのダメージが小さいため重要度は分かりにくいかもしれませんが、例えば敵の攻撃で4000ダメージ受けるところをこの威勢の符で2000ダメージに軽減したなら、非常に有効だということがわかりますでしょうか。4000ダメージというのはたとえ最大レベルの星5キャラでも1撃で倒れるほどの威力ですが、2000ダメージなら程よく育った星4キャラでも耐えられます。

このように、バフ・デバフは数値が低く一見すると効果が分かりにくいですが、うまく使うことで非常に高い効果を得ることが可能です。

各ステータスの役割

ステータス 役割
腕力 物理攻撃で与えるダメージ
知性 魔法攻撃で与えるダメージ・属性攻撃や弱点攻撃で与えるダメージ(物理・魔法問わず)
速度 行動順
物理耐性 物理攻撃で受けるダメージ
斬耐性 斬攻撃で受けるダメージ
突耐性 突攻撃で受けるダメージ
打耐性 打攻撃で受けるダメージ
火属性耐性 火属性攻撃で受けるダメージ(物理・魔法問わず)・無属性魔法攻撃で受けるダメージ
水属性耐性 水属性攻撃で受けるダメージ(物理・魔法問わず)・無属性魔法攻撃で受けるダメージ
風属性耐性 風属性攻撃で受けるダメージ(物理・魔法問わず)・無属性魔法攻撃で受けるダメージ
地属性耐性 地属性攻撃で受けるダメージ(物理・魔法問わず)・無属性魔法攻撃で受けるダメージ
全属性耐性 属性攻撃で受けるダメージ(物理・魔法問わず)・無属性魔法攻撃で受けるダメージ

バフ・デバフの重複について

同じ種類のバフ・デバフを複数重ね掛けした場合は以下のような処理がされます。

同じスキルで重ね掛け

同じスキルで重ね掛けした場合、効果は増加せずターン数が初期値にリセットされます。

例:マリエルのオーロラフォース(全属性耐性50%UP2ターン)を2ターン続けて使用した場合、効果は全属性耐性50%UPのままで2ターン継続にもどる。

別のスキルで同じ種類のバフ・デバフを重ね掛け

別のスキルで同じ種類のバフ・デバフを重ね掛けした場合、同じ種類のバフ・デバフを効果の高い順に次のように処理します。

  1. 1番効果の高いものがそのまま適用されます。【A】
  2. 【A】×2番目に効果が高いもの。【B】
  3. 【B】×3番目に効果が高いもの。以下同じ種類のバフ・デバフの数だけ同様に処理します
  4. 【A】~すべて合算します。

例:以下のスキルを同一の敵に重ね掛けした場合

ユナ 威勢の符 腕力15%DOWN
シオン VC(Lv3) 腕力20%DOWN
アナベル 祈りの聖剣 腕力25%DOWN
  1. 1番効果の高い祈りの聖剣(25%)をそのまま適用します=25%【A】
  2. 【A】×2番目に効果の高いシオンのVC(20%)=5%【B】
  3. 【B】×3番目に効果の高い威勢の符(15%)=0.75%
  4. 25%+5%+0.75%の合計で敵の腕力30.75%DOWNになります。

耐性バフ・デバフの重複

各種耐性バフ・デバフは該当する耐性を物理耐性系グループと魔法攻撃系グループにわけて上記の計算をしたあと、そのまま加算します。

物理耐性系グループ 物理耐性、斬耐性、突耐性、打耐性
属性耐性系グループ 火属性耐性、水属性耐性、風属性耐性、地属性耐性、全属性耐性

例:以下のスキルを同一の味方に重ね掛けして敵の火属性の斬攻撃を受ける場合

マリエル オーロラフォース 全属性耐性50%UP
トーム VC(Lv1) 斬耐性20%UP
マイティ アクアウォール 物理耐性15%UP+火属性耐性50%UP

物理耐性グループの計算

  1. 1番効果の高いトームのVC(20%)をそのまま適用します=20%【A】
  2. 【A】×2番目に効果の高いアクアウォールの物理耐性(15%)=3%
  3. 20%+3%の合計で斬攻撃耐性23%UPになります。【甲】

属性耐性系グループの計算

  1. 1番効果の高いオーロラフォース(50%)をそのまま適用します。=50%【A】
  2. 【A】×2番目に効果の高いアクアウォールの火属性耐性(50%)=25%
  3. 50%+25%の合計で火属性耐性75%UPになります。【乙】

・【甲】+【乙】=23%+75%=98%UPが火属性の斬攻撃への耐性となります。

累積バフ・デバフの仕様

累積バフ・デバフは1段階目のみそのまま適用し、2段階目からは半分の値を加算します。

例:シェイネのグラムールセイズ(水属性耐性の累積30%DOWN)の場合、1段階目は30%DOWNをそのまま適用、2段階目からは30%+15%+15%となり、3段階累積で水属性耐性60%DOWNとなります。

VC(ヴァリアブルチャント)を活用する

VC(ヴァリアブルチャント)とは、サブ(後衛)からメイン(前衛)に出てくる際に自動で発動するスキルのことです。様々な効果があり、すべてのキャラクターが何かしらのVCを持っています。このVCはほとんどが上記のバフ・デバフを確定で付与するものであり、MPを使わずに発動するため上手く使うことで非常に強力な効果を発揮します。

初心者の方は「行動を1回無駄にしてまで使うものなの?」と思うかもしれません。以下の例を見てみましょう。

例:雑魚戦(敵はHP25000が3体)で、こちらのパーティは以下のように行動します。

トゥーヴァ グレイトウォール(全体に約11000ダメージ)
マイティ ウォーターフォール(全体に約11000ダメージ)
アザミ 通常攻撃
イスカ 無何有郷(全体に約8500ダメージ)

この場合、敵を1ターンで全滅させられますが3名がMPを大きく消費しています。次はVCを使用した場合を見てみます。

トゥーヴァ グレイトウォール(VCにより全体に約13500ダメージ)
マイティ ウォーターフォール(VCにより全体に約13500ダメージ)
アザミ 通常攻撃
イスカ 後ろのシュゼット(VC:味方全体の腕力と知性30%UP)にチェンジ

こちらの場合、イスカが後衛のシュゼットにチェンジしてVCを発動することで、トゥーヴァとマイティの全体攻撃のダメージが強化され、2名のMP消費だけで敵を全滅させられました。

都合の良い例ですが、賢く使うことでこれ以上の効果も望めます。

敵の行動を理解する

アナザーエデンのプレイを続けていると、「こんなの絶対勝てないよ!」と声をあげたくなるような強敵と対峙することがあります。そういった強敵の多くは“何ターン目にどんな攻撃をしてくるか”が決まっています。何度か戦って毎回同じように行動してきたらたいてい行動が決まっている敵ですので、それに合わせてバフ・デバフを使ったり、不利な状態の味方を後ろに下げたりすることで有利に戦うことが可能です。敵の行動をよく見る癖をつけましょう。

アナザーフォースを活用する

強敵との戦いで重要なのはアナザーフォースを使いこなすことです。アナザーフォースは以下のような特性を持っています。

  • アナザーフォースはゲージが半分溜まった段階で使うことができます。
  • ゲージが半分溜まったらアナザーフォースを使うまでは戦闘を跨いでも半分は維持されます。
  • アナザーフォースは必ず先制で攻撃できます。
  • アナザーフォース中に敵が行動することはなく、終わってからの行動となります。
  • アナザーフォース発動前にキャラごとにターゲット指定しておけば、アナザーフォースでも指定を引き継ぎます。
  • ゲージが最大まで溜まった状態で発動した場合のみ、パーソナリティ毎の必殺技演出が入ります。

以上の点から、以下のような使い方が考えられます。

  • 戦闘開始直後にゲージ半分で発動することで敵をすぐに倒す
  • 戦闘開始1ターン目に敵の先制攻撃でやられてしまう場合、ゲージ半分のアナザーフォースでバフ・デバフをかけることで全滅を回避できる。
  • HPが減少すると強力な攻撃を仕掛けてくる敵をアナザーフォースで一気に倒す。

ゲージの回復量

※ゲージ最大を200として

増加量
等倍/耐性 通常
2回
3回
弱点 通常
2回 14
3回 21

3回以上の攻撃や弱点攻撃はゲージ回復量が高く素早くゲージを溜めるのに有効です。また、複数回攻撃では途中で敵を倒してしまっても、しっかり回数分ゲージが回復します。

宿屋に帰らずにMPを回復する

長いダンジョンで雑魚戦を繰り返すうちにMPが枯渇してしまい、ボス戦までに弁当も無くなってしまってとてもクリアできない、というのは初心者によくある悩みです。宿屋に帰ってしまっては結局ダンジョンの初めからやり直し、かと言って雑魚戦で全体攻撃などをケチると今度はHPが枯渇します。これを解決する方法が2つあります。

後衛でMP(HP)回復

アナザーエデンの戦闘では、後衛にいるキャラは毎ターンHPとMPが最大値の10%ずつ回復します。これを利用して、雑魚戦で回復を行います。方法としては非常に簡単で、どれだけスキルを使用しても構わないので敵を1体だけ残して他は殲滅します。なるべく弱い敵を残すと良いです。あとは1名を残して全員後衛に下げます。前に残る1名は、後衛の誰かとチェンジすれば敵に攻撃して倒してしまうことはありませんので、毎ターンチェンジを繰り返すことで後衛が全回復するまで戦闘を続けられます。チェンジを繰り返すためVCによるバフ・デバフがあればさらに安定して回復できます。

↑敵を1体残して後衛が回復している様子。

パーティを入れ替える

仕様上、アナザーダンジョンと異境では不可能なテクニックです。通常のダンジョン内ではいつでもパーティ編成が可能なため、MPがなくなったキャラをMPのある別のキャラに替えてしまう、あるいはあらかじめ別のパーティを用意しておいてパーティごと切り替えてしまうことでダンジョンの途中で全回復状態の仲間を呼ぶことができます。たくさんの仲間を用意しなければならないため手間はかかりますが、効果は大きいです