★新着記事

トゥーヴァ(アナザースタイル)の評価と詳細

2018年4月12日

アナザーエデンの星5キャラ『トゥーヴァ(アナザースタイル)』の評価と詳細です。

トゥーヴァ(アナザースタイル)の評価

  攻撃 補助 回復
10 7.5 6
シナリオ クリア後1 クリア後2
8.5 8 9.5
通常評価 78
総合評価 68

コチラも参照トゥーヴァ(通常)

トゥーヴァ(アナザースタイル)の特徴

ターン終了時に自動で追撃

アナザースタイルのトゥーヴァ最大の特徴は黄泉の華燭蓄積時にターン終了時に地属性の斬攻撃で自動追撃出来ること。1度蓄積してしまえば『鎮魂の花束』で消費しない限りずっと追撃が発生するため、自由に行動しながら敵にダメージを与えられる。最大3回攻撃となり火力も十分。

高火力なスキル群

通常スタイルでも主力スキルだった『ダブルクラッシュ』に加え、新たに『鎮魂の花束』も取得。黄泉の華燭を1つ消費して高火力の魔法攻撃を叩き込むことが出来る。もちろんこれらのスキル攻撃と同時に前述した追撃も発生するため総ダメージはかなり高い。

デビルディールでAFや追撃を強化

通常スタイル同様に『デビルディール』も使用可能。自傷スキルであるため使うタイミングに注意が必要ではあるが、タイミングよく使用することでアナザーフォース中の火力を大きく引き上げることが出来る。AF以外にも、ターン終了時の追撃にもバフが乗るので、通常のトゥーヴァよりも使いやすくなっている。

便利な耐性VC

VCによる水耐性バフはVCとしては補正値が非常に高い。水属性攻撃だけでなく無属性の魔法攻撃もカットすることができ、通常スタイルのものより扱いやすい。

トゥーヴァ(アナザースタイル)の欠点・注意点

高火力だが高速ではない

アナザースタイルのトゥーヴァは敵単体に対して非常に高火力だが、黄泉の華燭の蓄積にターンがかかる。攻撃しながら蓄積出来ない為、本領を発揮し始めるのが遅く、素早く敵を倒したい場合には不向き。メイン火力となる追撃の演出が長いのもマイナス点。逆に耐久重視の戦い方をする場合、耐久しながら自動で攻撃してくれる為強力。HPを回復しながら攻撃できる点や、通常スタイルよりも若干耐久面のステータスが高い点も含め、耐久向けのスタイルと言える。

ゲージ回復能力が低い

黄泉の華燭を蓄積している間トゥーヴァ本人は攻撃に参加できず、ターン終了時の追撃はゲージが回復しない仕様のため、ゲージ回復能力が低い。早いターンでアナザーフォースを使用するのが有効である場合が多い現在の環境には不向きとも考えられる。

全体攻撃力は弱体化

『グレイトウォール』を習得しない為、全体攻撃は『ロックスプレッド』頼りとなる。特に異境などでは全体攻撃力不足となることが多い。

トゥーヴァ(アナザースタイル)の仕様

黄泉の華燭の蓄積

『死霊の祝辞』を使う度に1つずつ蓄積される。最大3つまで蓄積でき、ターン経過や後ろに下がっても解除されず、『鎮魂の花束』を使用すると1つ消費する。蓄積数に応じてトゥーヴァの物理耐性がUP(倍率は未検証)し、蓄積数分ターン終了時に地属性の斬攻撃を行う。

ターン終了時の追撃について

ターン終了時(治療や毒の判定前)に黄泉の華燭が蓄積されたトゥーヴァが行動可能な状態で前衛にいる場合、黄泉の華燭の蓄積数分、地属性の斬攻撃で攻撃を行う。MPや蓄積数の消費は無い。物理攻撃だが攻撃力はトゥーヴァの魔力(知性)が反映される。この攻撃ではアナザーフォースゲージは増加しない。クリティカルの発生判定あり。トゥーヴァが行動可能な状態である必要がある為、睡眠・気絶・混乱状態の場合は発動しない。ターン終了時に前衛にいれば発生するため、後ろから出てきたターンにも攻撃できる。

鎮魂の花束の追加攻撃について

黄泉の華燭が1つでも蓄積されている状態で『鎮魂の花束』を使用すると、黄泉の華燭を1つ消費して追加攻撃が発生する。追加攻撃は黄泉の華燭の蓄積数に関係なく1回攻撃(鎮魂の花束で1回攻撃+追加で1回攻撃)で、攻撃力も蓄積数は関係せず『鎮魂の花束』の通常攻撃力と同程度の攻撃力となる。

攻略適正度

月影 火山 ミグ城 工業
× ×
戦艦 ゼノ 魔獣城 ダマク 不思議
 ★ ×
バルオ1 バルオ2 バルオ3 バルオ4
ラトル1 ラトル2 ラトル3 ラトル4
× ×
エルジ1 エルジ2 エルジ3 エルジ4
× × ×

各種考察

スキルについて

ダブルクラッシュ

通常スタイルに引き続き、メインウエポンその1。相変わらず使いやすく強力。ただし知性は通常スタイルより若干劣る為、ただ単にダブルクラッシュを使うだけなら通常スタイルの方が強い。他のスキル、特に追撃を活用する立ち回りをしよう。

死霊の祝辞

攻撃スキルではないがメインウエポンその2。蓄積数分の追撃をターン終了時に行う。追撃の火力が高く、追撃ではMPを消費せず、物理攻撃なのに知性バフが乗るなど非常に使いやすい。魔法耐性の敵にも普通に通る為通常スタイルより攻撃範囲が広い。ただし蓄積するのにターンがかかるため高速周回には不向きなスキルである点、追撃ではゲージが回復しない点は注意。総じて耐久・長期戦向け。

鎮魂の花束

サブウエポンその1。黄泉の華燭を1つ消費して追加攻撃。1つずつ消費するためアナザースタイルのシュゼットのような爆発力はないが、それでも十分高火力。ただし技枠が非常にキツイ。長期戦では3蓄積をキープした方が最終的には良い場合も多く、採用優先度は低めか。アナザーフォース中の待機時間も長いためダブルクラッシュで十分だろう。

死霊の囁き

サブウエポンその2。自身を回復しながら攻撃。回復量は決して多くはないが、このスキルで回復しつつ蓄積による追撃で攻撃する戦い方はアリだろう。腕力デバフなどは持たないため他のキャラで守る必要はある。

デビルディール

自身に3割ダメージ+知性70%UP。1ターン限りな為アナザーフォース前の使用が好ましいが、ターン終了時の追撃にも乗る為3蓄積でデビルディールを使うと非常に強力。追撃とアナザーフォースの火力が大きく伸び、通常のトゥーヴァよりも使いやすくなっているがスキル枠が厳しいためトゥーヴァがこなすべき役割や、必要な火力などをしっかり考慮して採用を検討すること。

ロックスプレッド

全体攻撃。グレイトウォールは使えない。燃費が良く威力は控えめ。ストーリーなどはこれで十分だが、異境などでは当然火力不足。そしてやはり枠が厳しい。

相性のいい仲間・装備

マリエルやベルトランなどの耐久向けキャラ

ひたすら守りながら追撃で攻撃していく。時間はかかるが多くの強敵を安定して撃破できるだろう。

グラティ・アイギス

状態異常耐性+物理耐性。睡眠・気絶・混乱で追撃が止まってしまうため、状態異常耐性がありがたい。物理耐性も耐久向けなので相性◎。

降魔の指輪

こちらも状態異常耐性。

トゥーヴァ(アナザースタイル)の基礎情報

ステータス

武器 防具 天冥 属性
指輪
LV80(別スタイルのボード解放ボーナス込)
HP MP 腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
3124 656 155 186 156 213 162 239
天冥値ボーナス
5 15 30 50 75
HP+100  速度+10 耐久+10 知性+15  MP+60
105 140 175 215 255
HP+300 速度+20 耐久+25 知性+25 MP+100

ヴァリアブルチャント

LV1 ! 味方全体に水耐性20%UP(1T)
LV2 怖がることはないわ 味方全体に水耐性30%UP(1T)
LV3 思い残すことはない? 味方全体に水耐性40%UP(1T)

スキル

魂の嘆き MP:17
敵単体に地属性の魔法攻撃(小)+自身のHP回復
死霊の囁き MP:37
敵単体に地属性の魔法攻撃(大)+自身のHP回復
ベノム MP:14
敵単体に魔法攻撃(小)
ロックスプレッド MP:17
敵全体に地属性の魔法攻撃(小)
デビルディール MP:20
自身に3割ダメージ+知性70%UP(1T)
ダブルクラッシュ MP:34
敵単体に地属性の魔法攻撃2回(大)
グレイトウォール MP:47
敵全体に地属性の魔法攻撃(特大)
鎮魂の花束 MP:42
敵単体に地属性の魔法攻撃(特大)

黄泉の華燭を1つ消費して追加攻撃

死霊の祝辞 MP:24
自身に黄泉の華燭を蓄積

黄泉の華燭蓄積数分だけターン終了時に地属性の斬攻撃で追加攻撃