★新着記事

パーティ編成の考え方&星5キャラの個人的な評価

2018年4月22日

どうも中の人です。

今回は僕自身のパーティ編成や立ち回りの考え方、そしてそれに合わせてパーティを組む際に各星5キャラをどういう風に扱っているかについてまとめたいと思います。

あくまで個人的な考え方ですので、まあ参考程度に…

7/2 ヴェイナ、ギルドナ、ASシオン追加

始めに

僕がパーティ編成や立ち回りを考える際に重視しているのは『速くて安定していて操作が楽』であることです。出来る限り、この理想に近づけるように考えていますし、既存のコンテンツも新キャラが増えたらその新キャラを使って少しでも速く・少しでも安定させ・少しでも楽にならないか検討しています。

ですので、今回の記事はそういった考えに基づいた構築の仕方となります。

あらゆる場面で使える考え方なつもりですが、強敵攻略よりもアナザーダンジョンや異境の周回についての考え方、という方が当てはまる点が多いかもしれません。

『速さや安定性よりも、とにかく好きなキャラを使いたい!』

『難しいことわかんないからとりあえずクリアできればいい!』

と言う方にはあんまり参考にならないと思います。

また、性質上、全キャラ揃っている環境での考え方となります。ただ、この点に関しては全キャラ揃っていない方にも参考になる部分はあるんじゃないかと思っています。

構築の考え方その1:戦う敵を決める

まずは基本的なところです。

敵や場所によって有効な構築・立ち回りが変わってきますので、まずは戦う敵・あるいは行くダンジョンを決めます。

例えば、ウクアージ105と戦うとか、異境エルジオンVHの2層に行きたいとか、そういうのですね。

目的も決める

場合によっては目的(目標)も決める方が良いでしょう。ウクアージ等なら勝つことが目的になりますが、例えば異境ならどの武器を作りたい(強化したい)かによって必ずしも1回の潜入で雑魚敵と15回戦ってFEARも倒してボスも全部倒す必要はありません。通常のアナザーダンジョンでも、育成を目的とするなら雑魚戦15回が必要となりますが、天冥上げがしたいだけなら最短でボスだけ倒すのもアリです。後々パーティ構築の都合と併せて考える場合もありますが、この時点で大まかに目的(目標)を考えておくとスムーズに構築できます。

構築の考え方その2:必要な役割を考える

戦う敵や行くダンジョンを決めたら、次は必要な役割を考えます。

役割って何?

そのキャラが果たすべき仕事のことです。もっと言えば、キャラを採用する理由ですね。

大まかに言えば、

  • 雑魚敵を倒す為に全体攻撃が使えるキャラが欲しい
  • 敵の強力な物理攻撃を防ぐために腕力デバフが欲しい
  • アナザーフォースを確実に使うためにゲージ稼ぎの得意なキャラが欲しい
  • ボスの弱点が水属性なので水属性のキャラが欲しい

といったものです。

この役割は1人で複数の役割がこなせる場合もあります。戦う敵やダンジョンに合わせて必要な役割を考えましょう。

上で例に挙げた役割を簡単に解説します。

雑魚敵を倒す役割

なるべく1ターンで倒せるようにします。場合によってはこの枠だけで複数人必要になります。複数の全体攻撃や、火力を補強するVC等を駆使し、弱点も活用して火力を捻出します。15回戦う場合、15戦分MPが確保できるかどうかも重要になりますので、なるべくMPが高いキャラが好ましいでしょう。

敵の攻撃を防ぐ役割

主にVC、またはヒーラーを活用します。攻撃+デバフのスキルは強力ではありますが確定でデバフが成功するわけではない為です。ここで注意するのは、この役割が本当に必要なのかどうかです。デバフ無しでも耐えられる・ヒーラー無しでも死なないのなら完全に不要な役割です。

ゲージ稼ぎの役割

主に3回攻撃を活用します。役割というよりは立ち回りの1種として考えた方が分かりやすいかもしれません。3回攻撃持ちのキャラはボス戦でのアタッカーとしても活用できるでしょう。弱点のある敵がいる場合はそれに合わせて選定します。大抵のキャラは2回攻撃くらいは使用できるため、他の役割として採用したキャラの2回攻撃を流用するのも良いでしょう。注意点としては、アナザーフォースを使う必要があるのかどうかを考えることです。使わないならゲージを稼ぐ必要がありません。

ボス戦用アタッカーの役割

高火力で弱点が突けるキャラが該当します。これも他の役割と同時にこなせるキャラが多いです。ただし、同一のキャラで雑魚15戦にボス戦も、となるとMPの負担が非常に重くります。アナザーフォースを使うのも良いでしょう。

ダンジョンの下調べも必要

必要な役割を決めるために、ある程度下調べが必要になります。出現する敵(戦う敵)の弱点を調べたり、どのくらいのダメージで倒せるのかを調査しましょう。弱点や耐性・敵の攻撃の属性や物理・魔法分類等はネットで検索すればすぐに出てきますが、具体的なHPや実際にどのくらいのダメージを受けるのか等はほとんど出てきませんので、ある程度は自分で実際に戦ってみて調査する必要もあるでしょう。

構築の考え方その3:キャラの選定・立ち回り

必要な役割をおおよそ決めたら、実際にその役割が果たせるようにキャラクターを選定します。

具体的な役割の遂行の仕方(立ち回り)を決める

ここで重要なのは、役割遂行の仕方(立ち回り)について出来る限り具体的に決定することです。そうすることで、後々無駄な部分が分かりやすくなったり、問題が発生してキャラを入れ替えなければならなくなった際に代替えとなるキャラがわかりやすくなります。

各役割は相互に影響しあっていますので、一つの役割にとらわれず柔軟に考えます。

雑魚敵を倒す役割

出現する全雑魚敵の全組み合わせパターンについて、具体的に『誰のどの技で倒す』かを決定します。『なんとなくマイティとトゥーヴァで全体攻撃する』ではなく、『シェイネのVCとマイティのウォーターフォールとトーヴァのロックスプレッドで倒す。○○という敵がいる場合は追加でセティーのレトロボンバーも使う』といったように、詳細まで決めてしまいましょう。これにより、”回復なしで15戦できるかどうか”が分かりやすくなります。MPが足りない場合はどうやって回復するかも考えます。『弁当を食べる』『途中で後ろに下げる』等です。火力だけでなく、速度に問題がある場合は速度のケア(バッジやバフ等)も用意できると良いです。

敵の攻撃を防ぐ役割

先制1ターンで倒せる敵からはダメージを受けませんから、残りの敵から受けることになるダメージを基に考えます。『どの敵のなんの攻撃をロキドのVCで軽減する』『この敵の○ターン目にマリエルの無垢の揺り籠で回復する』というように具体的に決めていきます。前述しましたが、受ける予定のダメージを軽減も回復も一切せずに受けきって死なない、あるいは死んでしまっても問題がないのなら全く必要のない役割です。また、戦術上後衛でターン終了を迎えるキャラは当然少し回復しますから、それも込みで考えます。クロードやラクレアのように雑魚戦・ボス戦での攻撃役をしつつ敵の攻撃も防ぐことが出来るキャラを採用することで、この役割を個別に用意する必要がなくなる場合も多いです。しっかり検討しましょう。

ゲージを稼ぐ役割

AFを使わないのなら必要ありません。どの攻撃でどのくらいゲージが溜まるのかは把握しておくと良いでしょう。重要なのはどのタイミングでゲージを稼ぐ必要があるのかです。例えば異境でボスにAFを使ってミリ残しして溜め直すとか、ゲージが空の状態でダンジョンに入ってボス戦までに溜め終えたいとかです。これに合わせて、どの敵に誰の攻撃でゲージを稼いでいくのかを決定しましょう。場合によっては全体攻撃だけで倒せる雑魚敵にあえて無駄な3回攻撃を当てたり、1ターンで倒さずにゲージを稼いでいくこともあります。

ボス戦用アタッカーの役割

基本的に弱点属性のアタッカーを用意します。なるべくならある程度物理か魔法、あるいは斬や突等攻撃特性を統一した方がバフ・デバフを活用しやすく強力です。AFで倒すならどのくらいのゲージ量でAFすれば倒せるのかというところまで調査したいところです。攻撃パターンが決まっている敵が多いので、敵の攻撃を防ぐ役割とも並行して考えると良いでしょう。雑魚戦の1ターン撃破を満たしつつ、いかにボスを早く倒せるかが構築で一番悩むところだと思います。

AFを使わない場合って?

AFは強力な攻撃手段ですので使えるのなら積極的に使っていきたいところですが、ゲーム的に使わないで攻略する方が好ましい場合というのが存在します。1つは異境・断章アナダンが絡む場合です。これらのダンジョンではラルム対策に常にゲージが必要になります。ボスをAFで倒して終了してしまうと次はゲージが空の状態で開始してしまうことになります。この場合完全にAFを使用しないか、AFでわざと敵の体力を少し残して、とどめを刺すまでに溜め直すといった立ち回りが必要になります。もう1つはボス戦までにゲージを溜めきれない場合です。魔獣城などのボスまでの道のりが短いダンジョンが該当します。この場合はAFを使う場合と、溜まっていなくて使えない場合の2パターンの戦い方を考える必要があります。

構築の考え方その4:試運転・調整

パーティ構築が決まったら、実際に使ってみます。上手くいけばそれでいいでのですが、思ったようにいかなかったというような問題点が無いかどうか、そして無駄な部分が無いかどうかを吟味し、調整して完成度を高めていきます。

問題点と無駄

計算ミスをしていてMPが足りなかった、運次第で死ぬ場合がある、上手いことゲージが溜められなかった、1ターンで倒せない雑魚敵の出現パターンがあった、など様々な問題点があります。1回の試用では大丈夫でも、何度か繰り返し使うことで発覚することもあります。1度クリアすればいいだけのコンテンツでは、多少の問題点は無視しても良い場合もあります。

無駄については、雑魚敵をオーバーキルしている、無駄にHPが余る、速度に余裕があるのに速度バッジをつけている、VCを使わなくても倒せるのにVCを使っている、などです。無駄をなくすことでタイムを短縮したり、足りなかったMPを確保したり、枠が空いて編成に余裕が出来る場合があります。

操作の無駄をなくす

分かりやすい所では、雑魚敵を3人分のスキルで倒していたのを2人分のスキルで倒せるようにすると、1人分のエフェクト演出と技入力操作の必要がなくなり、タイムの短縮・操作の簡略化となります。また、ボス戦などでなるべく毎ターン同じ技を使うようにすることでも同じ効果が得られます。MPと相談になりますが、ただ節約すればいいというものでもないということです。同様に、ターゲット変更も余計な1タップになりますので、減らせないか検討しましょう。

VCやエフェクトの長いスキルの回数を減らす

VCは通常のスキルと比べて少しですが演出が長いため、VCを使う回数を減らすことでもタイムが短縮できます。また、単純にチェンジの際の入力操作が1タップ分多くなりますので、そちらの観点からも回数を減らしたくなります。また、エフェクトの長いスキルも使用回数を減らすことでタイムの短縮につながります。特にアナザースタイルのトゥーヴァの追撃は演出が長い為、タイムの観点で見ると非常に使いづらいスキルです。

改善

これらの問題点や無駄を改善していきます。パーティ編成はそのままで立ち回りだけを修正して改善できることもありますし、キャラそのものを入れ替える必要がある場合もあります。修正したことで新たに別の問題点が浮上する場合もあります。何度も調整して、試運転して、また調整して…繰り返して少しでも速く・少しでも安定して・少しでも楽なパーティを組みます。

構築の考え方その5:その他

その他、パーティ構築の際に考えたいことをまとめておきます。

天冥値について

当然ですが、天冥値上げが目的の場合は役割に関わらず天冥値上げの対象キャラを編成する必要があります。枠を奪われるので編成の難易度が上がりやすいです。同時に、役割通りにパーティを組んだら天冥値が足りない(報酬3枠目)場合もあります。この場合は天冥値の高いキャラでなんとか役割が遂行できないか検討したり、空いている枠があるならそこに天冥値の高いキャラを編成したりする必要があります。

弁当の使用について

弁当(食べ物)は簡単に全員のHP・MPを全回復できる便利なアイテムです。HPやMPが足りないという問題点を一挙に解決できる優れものですが、弁当の使用を前提とした構築は、弁当を忘れてしまうと大問題となります。弁当無しでの構築は出来ないか、検討する必要はあるでしょう。

宿屋について

敵を1体残して後列でMPを回復する通称宿屋。MPが足りないのなら検討するべきですが、これも無駄に長々と回復するのはタイムの無駄になります。必要な分だけ回復するようにすれば時間はもちろん、宿屋の際に受けるダメージも減りますし、宿屋のために使っているVC等があるのならそれもカットできます。また、宿屋ではありませんが2ターン以上かかる戦闘でVCを活用するために交替したキャラは後列に下がりますので、宿屋とは別でMPが回復します。あと少しMPが足りない場合に、この無駄のない後列回復が出来ないか検討してみましょう。

ダンジョン内での並べ替えについて

ダンジョン内・戦闘外でパーティメンバーの並べ替えをする必要がある場面も多いと思います。これもうまく活用することで効率よく敵を倒すことが出来ますが、並べ替え忘れはもちろん、終わった後に元に戻すのを忘れたり、操作が手間だったりします。必要なら活用するべきですが、カットできないかの検討は必要でしょう。

空き枠の使い方

構築を考えるうえで、枠が余る(4人とか5人で完成する)場合があります。余った枠は育成枠にするのが一般的ですが、メインメンバー(前衛)のキャラを減らすことによってタイムを短縮することも出来ます。例えば前衛3人で敵を倒せて、尚且つ4人目がいても倒せるターンが変わらない場合は4人目を空けておくことで無駄な4人目の攻撃時間をカットすることが出来ます。

物理と魔法について

昔は魔法最強などと言われていましたが、最近はうまいこと調整されてきています。魔法はお手軽に高火力ですが、影響を受ける耐性デバフの数が少ないため最大火力は低めになりやすいです。対して物理は素の威力は魔法に劣りがちですが、物理と属性両方のデバフを活用できるため最大威力は魔法を上回りやすいです。無属性物理は…

タスクキルの使用について

よく見かけるのですが、運要素のある部分に関して、望みの結果が出るまでタスクキルにてやり直すこと前提の構築があります。代表的なのは異境ラトル2層のウクレレ様が開幕でやわらぎ水を飲むかどうか、ですね。上手くいけば早いものの、多くの場合時間がかかりますので、運に寄らないパーティを構築したほうが良いでしょう。

※ここでは『タスクキルによる運要素の選定』のことを言っているだけで、『運が良ければ早く倒せるし、うまくいかなくても(タスクキルとは別の手段で)ケア出来る』編成は良いと思います。

操作ミスについて

操作を簡略化することは、単に楽になるだけでなく、操作ミスを防ぐ効果もあります。

以上が構築の考え方です。

実際に考える際はここまで硬く考えず、感覚で決めてしまうことも多いのですが、最終的にはこういう考えのもと、最適化を図っていきます。

ただ、初めに言った通りこれは効率化を目的とした考え方です。

アナデンの楽しみ方は人それぞれ。最適化することが正しい遊び方というわけではありませんから、あくまでこんなこと考えて遊んでる人もいるんだな~程度に、参考にしていただけたらと思います。

構築時のキャラ評価

僕の個人的な、各キャラの評価です。所謂ガチ評価です。通常の評価ページ内の『総合評価』に近いものですが、より辛辣に評価しているので、ご了承いただけた方のみご覧くださいませ。(通常の評価はより客観的に評価しているつもりです。)

天冥値などもある程度僕の都合での評価をしています。

属性順・実装順です。

火属性

全体的に優等生。あからさまに物理が(と言うより斬が)強い属性なので魔法はやや不遇か。

シオン

評価:S

3回攻撃。腕力デバフVC。火属性が必要な場合まず最初にお呼びがかかる。火属性が有効な場面で紅天狗もべらぼうに強い。最近火・斬パが強くなって益々強くなった。

ガリユ

評価:A

冥上げしにくい都合で異境で速度も知性も絶妙に足りない。どう見ても強いキャラだがスペックの割に出番がない。

ユーイン

評価:A

火+打の攻撃範囲が刺さりやすい。雑魚狩り性能も高い。冥なのも手伝いじわじわと出番が増えていくスルメキャラ。

セティー

評価:A

3回攻撃。知性速度デバフVC。オバケスペックだがなぜか出番に恵まれない苦労人だったが、こちらも徐々に出番が増え続けている。ウルカン2本目強いと思うんだけどやってる人見たことない。

アルド

評価:A

天上げしやすいのが優秀。VCも優秀。火・斬の優遇ぶりを見るにこれからも出番が増えていくだろう。

ミーユ

評価:C-

使い道が一切ない謎キャラ。ナギが強く見えてくる。

ツキハ

評価:B+

火・斬で強いがそれ以外では出番なし。火力がなさすぎる…

レンリ

評価:B+

火・斬で強いし普通に使っても高火力だが現状はカブトムシ捕まえる仕事しか貰えない左遷捜査員。耐久が紙なので試運転中によく死ぬ。

ギルドナ

評価:C

準備に時間と手間とリスクがかかりすぎるのでそのまま椅子に座っててください魔王様。

ASシオン

評価:A+

どんどん増える無属性AFアタッカー。迎撃は空気。だいたい斬ってさっさとAFした方が速い。

水属性

優遇of優遇。あまりにも優遇しすぎた為か最近の追加コンテンツでは露骨に不遇気味。それでも活躍の場がかなり多い。水属性ってだけで評価上げたくなるくらい強い。物理耐性の累積デバフが無く魔法アタッカーが多いが、物理不遇というわけでもなく隙が無い。強いて言うなら知性デバフが薄い。

マイティ

評価:S+

最強キャラ。何もかも強い。水が欲しければ何も考えずにパーティに入れてみる枠。

アナベル

評価:C

タンクの存在意義が日に日に薄れていく悲しい人。少ない出番はほぼベルトランに奪われた。

ラクレア

評価:S

3回攻撃。腕力デバフVC。かゆいところに手が届きまくる良キャラ。ラクレア自身の火力は低いがゲージが伸びてパーティの火力は上がる。弓が弱いのが残念。

ユナ

評価:A+

絶妙なサポート性能により、味方が強くなれば強くなるほど出番を増やしていく。最低限の耐久を確保しながら火力を大きく伸ばしていく仕事人。ユナが後ろに下がると敵が死ぬ。

リヴァイア

評価:A

天上げしにくいためマイティに劣る。でも水なので強い。シェイネやマイティとセット運用で、リヴァイアだけで使うことはまずない。

メリナ

評価:B+

妖怪火力伸ばし。水には貴重な冥なのがエライと思う。VCが地味に便利でマイティらの射程圏内に引きずり込むのにも使える。

シェイネ

評価:S

水属性の支配者。雑魚狩り性能からボス性能まで強い。ほぼ常にマイティとセット運用。

マイティAS

評価:A-

通常マイティが強すぎて影が薄いが鬼ゲージ回復で上手く使うとかなり高速化。速度が酷いし寝る暇はない。

サキAS

評価:B+

強いけどマイティとリヴァイアで枠が埋まる為あまり出番がない。予備という感じ。対ヒクイドリ性能はもはやイジメ。

地属性

不遇of不遇。3回攻撃も無ければ耐性累積デバフもない、地属性が欲しい場面があまりにも少ない。ほぼトゥーヴァ属性と言って差し支えない。物理攻撃で親を殺された連中の集まりなのか、妙に腕力への殺意が高いのが唯一の取柄。

トゥーヴァ

評価:A+

強いし冥。欠点は地属性なところ。

ロキド

評価:B+

地属性の中では強いが地属性なのであまり使わない。腕力デバフVCに全体2回攻撃とスペックは優秀なので、今後の展開に期待したい。

ナギ

評価:C+

純正星5とは思えない残念さだが地属性の層が薄すぎて使わざるを得ない。全体攻撃も3回攻撃も無いのは全星5中ナギ(とマリエル)だけ。VCは強い。

シェリーヌ

評価:B+

突+打の範囲が刺さるコンテンツが地味に増えていく。全体的に優秀だが地属性。VCで出番を稼いでいたがヒロインに取られた。

ミュルス

評価:B

耐久を稼ぎつつ火力も伸ばせる良キャラだが、ユナに出番を取られやすい。全部地属性が悪い。

ベルトラン

評価:C

タンク+地属性とかいう不遇と不遇のコラボレーション。ミーユとウクアージにすべてを捧げたアツイ男。鈍足を活かした立ち回りでたまに活躍するので侮れない。

シエル

評価:B-

VCが強いが今のところ有効に使える場面が無い。地属性。将来に期待。

トゥーヴァAS

評価:B-

動きがもっさりしすぎ。大抵の敵は追撃が3発になるころには死んでいる。そして何より通常トゥーヴァと択一。Ver1.7で晴れて鯨と結婚した。

エルガ

評価:A+

新たなASシュゼットのオプションサービス。斬弱点に対してのゲージ性能が宇宙。地属性だが地属性は捨ててきた頭脳派で、こいつが強いからますます地属性の立つ瀬がない。

風属性

振袖娘とゆかいな仲間たち。風属性自体が特別優遇されているわけではないが、シュゼットが強すぎて優遇されているかのように錯覚してしまう。全体的にサポートが強力。

シュゼット

評価:B

全体攻撃が不足しがちな風属性において決して弱いキャラではないが、ASシュゼットと択一というあまりにも大きすぎる欠点を抱えている。南無。

マリエル

評価:B+

最強ヒーラーだがタイム重視で採用しないことが多い。ユナに出番を奪われがち。どうしても耐久が足りないときは本当に頼りになるし脳死で無垢ぶっぱ出来るため脳みその耐久力も癒える。

アザミ

評価:A+

3回攻撃。知性デバフVC。強いがライバルのフェルミナがクロードと地味なシナジーして台頭してきたので本当に若干だが出番が減った。ライバルだがフェルミナとセット運用は多い。

イスカ

評価:B

VCが本体。太ももが本命。全体攻撃がエライが出番は減り続けている。

シュゼットAS

評価:S+++

最強キャラ。頭おかしいくらいダメージ出す。ナギが可哀想。ガリアードはもっと可哀想。ぱぶふぇですわ。

フェルミナ

評価:A-

3回攻撃。アザミとはライバルでありセットのコンビでもある。クロードが異境弓で毒撒いてくれるのでちょっとイキイキしている。冥なのはエライ。

クロード

評価:A

ASシュゼットの元祖オプションサービス。シュゼット単体はよくあるが、クロード単体はほとんどない。VC優秀。適当に出してストームバイツしてぱぶふぇですわでだいたい終わる。

イスカAS

評価:C+

累積デバフやクリティカルバフはターンがかかりすぎて先に敵が死んでるので空気。戦闘開始直後の火力の高さを武器に弱い者いじめにだけ活躍する会長。白制服の誇りはどこへ…

シャノン

評価:A-

ワールウインドが狂った性能。耐性デバフも強いが、いかんせん火力がしょっぱすぎる。遅い方が良い睡眠と早い方が良い耐性デバフが絶妙にかみ合わない。ウルカンクシフォスが欲しいって毎日言いたい。

エイミ

評価:A+

前に出ると敵が死ぬ系ヒロイン。ASシュゼットのオプションサービスに仲間入り。弱点の無い敵を次々と殴り殺していく姿にみんなのアルド君もニッコリ。

ヴェイナ

評価:A-

待望の風魔法だが風物理が強すぎるのと思ってたより道中に風全体が欲しい場面が無い為スペックの割に出番がない。長く生きてるのにガリユより知性が低いの酷くない?

星4キャラ

たまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに使う。

シーラ

評価:B

インスタントストームバイツ。1ターンでストームバイツ2回。

ダルニス

評価:A

インスタントストームバイツ。わずか1ターンでストームバイツを3回累積するASシュゼットオプションの鑑。ネタ抜きに強いしミーユシエルアナベルベルトランギルドナより出番が多い。

 

 

以上です。長々とありがとうございました。キャラが増えたら追記します。