お知らせ

ゲーム内お知らせに載っていない加入キャラに関しては実装から1ヶ月を目途にネタバレ解禁をします。ご注意ください。

★記事作成後にゲーム側で追加・修正・変更されたものに関して更新が追い付かず、反映されていないものも多いです。当ブログに問い合わせる前に、ゲーム内のお知らせを確認してください。

★次回の今日のアナデンでいくつかのコメント返しを予定しています。

1度お目通しくださいよくある質問や意見・用語まとめ 

ヴィアッカの評価と詳細

2018年11月29日

基礎情報

ヴィアッカ
属性 天冥 武器 防具 属性耐性 状態耐性
腕輪 地30% 10%
星4
星5
モビルフォース
コマンデュール
パーソナリティ
Lv80時のステータス
HP
MP
3444
413
腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
222 166 192 159 202 160
天冥ボーナス
5 15 30 50 75
耐久+5 幸運+10 HP+200 速度+15 腕力+15
105 140 175 215 255
ヴァリアブルチャント
Lv1
味方全体に腕力10%UP+敵全体に知性10%DOWN(1ターン)
Lv2 私は……過去を振り切った女!
味方全体に腕力20%UP+敵全体に知性15%DOWN(1ターン)
Lv3 約束の未来……私が切り拓く!
味方全体に腕力30%UP+敵全体に知性20%DOWN(1ターン)
スキル
ユーバーファル
MP 20
敵単体に風属性の打攻撃(小)+風属性耐性20%DOWN(3ターン)
シャインアングリフ
MP 42
敵単体に風属性の打攻撃(大)+風属性耐性25%DOWN(3ターン)
ゲーゲンアングリフ
MP 54
敵単体に風属性の打攻撃2回(特大)+風属性耐性30%DOWN(3ターン)
ウィンドスマッシュ
MP 12
敵単体に風属性の打攻撃(小)
ブリッツショック
MP 17
敵全体に打攻撃(小)+気絶を付与
ヴィントシュトース
MP 11
自身に腕力20%UP+速度20%UP(2ターン)
シュトゥルムマハト
MP 40
敵単体に風属性の打攻撃(大)+自身に風属性攻撃20%UP(3ターン 最高累積回数3)
ドライフリューゲル
MP 47
自身に腕力50%UP(1ターン)+次の行動時に敵単体に風属性の打攻撃3回(特大)

特徴

凄まじい破壊力の溜め攻撃を持つ特殊なアタッカー。メインウエポンは2ターンに1回しか攻撃できないものの非常に高いダメージを与えることができ、他のキャラとは一風違った高火力アタッカーとして立ち回ることが出来る。

ヴァリアブルチャントで味方に腕力バフ+敵に知性デバフを撒くことができ、使いやすい全体気絶攻撃や敵の風耐性を下げたり自身の風攻撃を上げたりといった補助スキルも充実しているなど、ただ高火力で殴るだけでない器用な一面も持つ。

大きな欠点は持たない高水準にまとまった構成となっているが、威力の高い全体攻撃は持たず、耐久面のステータスは今一歩であったり、ゲージ回復力が風属性の主力アタッカーの中では低い方であったり、ドライフリューゲルで動けないターンがあるなど細かな扱いにくさを持つため、他のキャラ以上に使い方をしっかり決めてパーティに採用するようにしたい。

スキル

ドライフリューゲル

メインウエポン。使ったターンは自身に腕力バフをかけて終了し、次のターンに風+打の3回攻撃。MPはスキル使用時だけ消費し、攻撃時には消費は無い。攻撃時ではなく、スキル使用時に狙っていた敵を攻撃するため注意。1度使ってしまうと次のターンに攻撃が発動するまでは一切の行動選択が出来なくなるため、3回攻撃と他の攻撃を同時に出すといった芸当は出来ず、キャンセルして交代したりも出来ない。

2ターンかけていることを考慮しても威力が非常に高く、戦闘開始から2ターン目までに与えるダメージの期待値はASシュゼットをも上回る。MP消費が1回なので連発してもMPが枯渇しにくいのも特徴。ただし2ターンかけている分攻撃回数としては実質的に1.5回攻撃であり、3回攻撃持ちの多い風属性としてはゲージ回復力で劣る。

ゲージ回復が苦手な高威力ということで、アナザーフォースを使わない戦闘では最高クラスの破壊力を持つ重要な攻撃スキルとなる。第1部のVHアナザーダンジョンなど敵のHPが高く無い場所ではアナザーフォースを使わずに高速でボスを倒すことができ、ゲージ稼ぎの手間を減らすことが出来る。

アナザーフォース中も溜め→攻撃で2巡するため攻撃回数が少なくゲージやコンボ数が稼ぎにくい。威力が非常に高いため最終的なダメージはあまり差が出ないケースもあるが、基本的にはアナザーフォースでの連発にはあまり向いていない。当然だが溜めだけで攻撃が出せずに終わってしまうと非常に悲しい。

少々使いにくさも目立つスキルだが、ヴィアッカ最大の特徴ともなるスキルであり、このスキルが必要かどうかがそのままヴィアッカの採用理由ともなりやすいため、与えられるダメージや特性をしっかり理解しておきたい。

ゲーゲンアングリフ

もう1つのメインウエポン。敵単体に風+打の2回攻撃+風耐性デバフ。デバフの倍率が高く、このスキル自体も属性2回攻撃かつ特大威力と非常に強力。ゲージを稼ぎたい場合はコチラの方がターンごとの攻撃回数で勝り、アナザーフォース中も風属性で統一したパーティであればこちらを連発した方がダメージが伸びる。デバフが確定ではないのは注意が必要。

ヴィアッカをアナザーフォースに参加させる場合は重要なスキルとなるため採用価値は高い。

シュトゥルムマハト

単体に風+打攻撃+自身に風攻撃の累積バフ。ドライフリューゲルを考慮してか、累積バフにしては3ターンと長く持続する。累積バフなので強そうに見えるが1回攻撃なのでゲージが遅れやすく、累積した後にさらにゲーゲンアングリフでデバフをかけてドライフリューゲルで2ターン使うともなるとさすがに悠長。自身にしか効果が無いため全体的なダメージの伸びはあまり高くない。アナザーフォース中にこのスキルを積むのもゲーゲンアングリフを連発するより総ダメージで劣る。

どうしてもダメージが足りない場合はアナザーフォース前にターンをかけてでも使う価値はあるが、考えなしに使うと無駄になりやすく採用率はそこまで高くないか。

ブリッツショック

全体攻撃+気絶。威力は低いが消費も少なく気絶付きで使いやすい。

ヴィントシュトース

自身に腕力と速度のバフ。この手の多くの他のスキルがそうであるように、このスキルも1ターン手を止めて使う価値は低い。素直に攻撃した方がゲージも稼げて良いだろう。ただ、他に速度バフが無い環境でこのスキルのバフによってヴィアッカの速度が249以上になるのならアナザーフォース前に使用を検討する価値はあるかも。

ちなみにドライフリューゲルの前にこのスキルを使っておくと、腕力バフがドライフリューゲルの腕力バフに上書きされて消えてしまう。そういう意味でも、特殊なケース以外で採用価値はあまりない。

ヴァリアブルチャント

味方全体に腕力バフ+敵全体に知性デバフ。与ダメージを伸ばしつつ被ダメージを抑えられる優秀なVC。ただ、ヴィアッカ自体はドライフリューゲルで動けなかったりするので計画的な立ち回りが必要。

装備

武器

槌なのでアダマス武器は無い。

樊噲精怪錘

強力なステータスを持つ妖怪シリーズの槌。防御的なアビリティ2つを持つ。HP+1000はシンプルに強力で耐久面のステータスが高くはないヴィアッカにはありがたいが、無駄にもなりやすい。火力重視なら他に強い武器があるため、常に持たせておけばいいという物ではない。

戦槌アルティマニア

こちらも防御的なアビリティを持つ成長武器。耐久重視の選択肢として悪くはないが、耐久を気にするなら樊噲精怪錘もある。強化はかなり面倒な部類。

オルコスフィリ

攻撃力が低く魔力が最高値の特殊な槌。ヴィアッカの魔力を上げる意味が全く無いため採用する意味は無い。

プロメティオン

もう1つの異境槌。こちらは攻撃的なアビリティを2つ持ち、最高クラスのステータスを誇る。HP半減時ダメージUPは発動出来れば非常に強力で、もともと火力の高いヴィアッカの攻撃をさらに高めることが出来る。無属性攻撃UPは唯一の全体攻撃であるブリッツショックを強化できるがそこまで重要ではないか。発動できる相手に対しては最終武器候補。

リル・ハンマー

リルシリーズの槌。プロメティオンと同値のステータスだがアビリティは持たない。立ち位置としては異境武器強化までの繋ぎになれる武器だが、異境ラトル1層の難易度が(異境の中では)低めなのもあり、よほど所持キャラが偏っているのでもなければプロメティオンの方が作りやすいか。新たに砕星も追加され、かなり立場が危うい。

砕星

東方シリーズの槌。全属性攻撃UPのアビリティを持ち、通常時のスキル威力は全槌1。上位武器と比較するとブリッツショックの威力が少し下がるが基本的には最終武器筆頭候補で問題ないだろう。

トトハンマーヘッド

トトシリーズの槌。物理耐性UPはありがたいが回復スキルの強化は完全に無駄になる。ステータスも低い為、他があるなら他の武器を持たせたい。

降魔の槌

トトハンマーヘッドと同値のステータスを持つ降魔シリーズの槌。知性を高められるがヴィアッカには必要ないだろう。

防具

暁月の腕輪

非常に高いステータスに全属性耐性も持つ最終装備候補筆頭。取り合いになりやすいが、風属性には他にシュゼットとシャノンしか腕輪装備者がおらず、シュゼットには降魔の腕輪を持たせている人も多いため、風属性だけで見れば意外と取り合わない。

修練の腕輪

最高クラスのステータスにMPUPまで持った東方の高性能防具の腕輪版。MPは全体攻撃の消費が少なく、ボス戦も短期戦を狙いやすい性能に加えてドライフリューゲルなら2ターンに1回の消費のため気にならないケースも多い。必要に応じて。

鍛錬の腕輪

同じく東方シリーズの腕輪でこちらはHPUP。ヴィアッカ的にはMPより魅力高めか。とはいえこちらも無駄になるケースは多いため必要に応じて。

断罪の腕輪Ⅲ

魔獣城VH防具。アビリティはないが高ステータスで、キーは使うものの東方防具よりは量産しやすい為繋ぎ・あるいは不足分に。

トトのミサンガ

トトシリーズの腕輪。ステータスは断罪の腕輪Ⅲより劣る。状態異常耐性を持つが効き目が実感しづらいため他の防具を持たせた方が幸せになれるか。

降魔の腕輪

トトシリーズと同じステータスの降魔シリーズ。高火力のドライフリューゲルでクリティカルが出るとかなりのダメージ増となるものの、幸運UPの恩恵は割と小さく、ASシュゼットに持たせていることも多いため取り合いしてまで持たせるほどでもない。

バッジ

高火力アタッカーということで基本的には腕力バッジ。調整の必要があるのなら速度バッジも検討しよう。

グラスタ

風属性攻撃UP

アタッカーの基本グラスタ。ドライフリューゲルが高火力なので伸び率が高い。

クリティカル率UP

こちらもドライフリューゲルでクリティカルが発生すると効果が高い。とはいえ運任せではあるし、これが無くてもクリティカルは出るのでお好みで。

HP最大時ダメージUP

属性攻撃キャラは属性攻撃UPよりもこちらの方が効果が大きいが、HP最大という条件が満たせない戦闘では無駄にもなりやすい。全体攻撃や開幕AFとの相性が特に良い。

サブメンバー時HP/MP回復量UP

少々心許ない耐久力をカバー。必要に応じて。

編成

風属性の仲間とは問題なく好相性。アザミ、フェルミナ、ASシュゼット、エイミなど強力なアタッカーが揃っているため高火力を活かして敵を蹂躙しよう。ドライフリューゲルを連発しようと考えたり、シュトゥルムマハトを積んだりする場合はターンがかかるため、その場合はASイスカとタッグを組むのも強力。被ダメージを抑えつつ高火力をさらに伸ばしてもらえる。ただしクリティカルバフがドライフリューゲルの溜めで消費されるのが少し残念。

ドライフリューゲルによる開幕2ターン目のアナザーフォース無し火力の高さを活かす場合にはASシュゼット、エイミ、ASイスカに加えサポート用の通常メリナといった、同じく2ターン目にアナザーフォース無しで火力を出しやすいキャラと組むとアナザーダンジョン周回時のパーティ編成の幅がグッと広がる。

火力が高いからと考えなしに使うとかえって撃破ターンが伸びてしまったり、扱い方を間違えると総ダメージが落ちてしまったりと使い方にはパーティ編成の段階から注意が必要。風属性は他のキャラも非常に強いため特にこの傾向が顕著。

ヒーラー採用かつプロメティオンの効果を活かしたい場合、敵の速度にもよるがミュルスならヴィアッカより後に回復できる。

資料

Ver1.9で外伝『閉ざされた箱庭と蒼穹の叛逆者』のボーナスキャラとして登場した未来の特殊機動部隊の紅一点。ガチャ実装のキャラではあるが、外伝ボーナスキャラの中でも特に外伝シナリオに大きく関わってくるため、外伝をプレイすると無性に仲間にしたくなる。

未来キャラの中でも特に近未来的な装備で、腰からはこれまた近未来的な銃のような装備を携えているが残念ながら戦闘中にこの銃を抜くことは無い。

性能面では所謂ソーラービームのような溜め攻撃が最大の特徴。威力が非常に高く、その他の性能も高めにまとまっており、強豪揃いの風属性の中でも一定の地位をキープしている。

Ver2.0でのグラスタと砕星の登場により、工業都市廃墟VHのガリアードをデバフ1つでヴィアッカの攻撃1撃で粉砕できるようになった。そして星5クラスへのクラスチェンジに必要なコマンデュールの書は工業都市廃墟VHでドロップ。ガリアード…

 

0