メリナ(アナザースタイル)の評価と詳細

2019年1月2日

基礎情報

メリナ(アナザースタイル)
属性 天冥 武器 防具 属性耐性 状態耐性
腕輪 火20% 20%
星4
星5
アポストロフ
パニッシュメント
パーソナリティ
聖職者 採掘 槌
Lv80時のステータス
HP
MP
3442
417
腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
215 155 143 230 180 178
通常スタイルのコンプリート報酬
マルアハ MP+40
天冥ボーナス
5 15 30 50 75
HP+100 耐久+10 知性+10 MP+40 速度+15
105 140 175 215 255
HP+300 耐久+20 知性+25 MP+80 速度+30
ヴァリアブルチャント
Lv1
味方全体に治療(小)を付与(2ターン)
Lv2 祈りよ! 罪深き魂に救済を!
味方全体に治療(中)を付与(2ターン)
Lv3 翼よ! 迷い後たちに祝福を!
味方全体に治療(大)を付与(2ターン)
スキル
セファ・ラハブ
MP 16
敵単体に水属性の打攻撃(小)+味方全体に腕力20%UP(1ターン)
セファ・イノク
MP 33
敵単体に水属性の打攻撃(大)+味方全体に腕力25%UP(1ターン)
アシッドスマッシュ
MP 20
敵単体に水属性の打攻撃(小)+物理耐性15%DOWN(3ターン)
パワーオブテン
MP 21
敵単体に打攻撃(中)+気絶を付与
エルの唄
MP 18
敵全体に腕力15%DOWN+速度15%DOWN(3ターン)
レイン・オブ・マナ
MP 31
敵全体に水属性の魔法攻撃(大)
セフェル・ラジム
MP 54
敵単体に水属性の打攻撃2回(特大)+味方全体に回復(小) デラージュ蓄積数分だけ回復効果増加+HP最大値UP(3ターン)
セフェル・イェツラ
MP 42
敵全体に水属性の打攻撃(大)+味方全体に回復(小) 自身にデラージュを蓄積

特徴

攻撃と味方全員の回復を同時に行える一風変わったスキルを持つアナザースタイル。通常のヒーラーの回復スキルでは攻撃は行えない為、味方側の最大の攻撃であるアナザーフォースの使用にあたって回復スキルを使った分だけ遅れていくことになるが、その点を見事に克服している。単体2回攻撃+回復・全体攻撃+回復の2種類を揃えているため雑魚戦でも雑魚敵を一掃しながら回復が出来る。

また、デラージュを蓄積することによって現状唯一となるHP最大値UPのバフを付与することも出来る。他のバフ・デバフと重複しない新たな防御手段であり、パーティ編成の幅が広がるだろう。ヴァリアブルチャントでは治療を付与。MPを使わずにHPを回復する手段として・ターン終了時の回復手段として幅広く活用していける。

回復だけでなく、2種類の全体攻撃・通常スタイルに引き続き攻撃+腕力バフ・確定の腕力+速度デバフ・気絶付与と器用になんでもこなしてくれる。パーティの構成や敵に合わせて様々な状況に対応できる高いスペックを持っていると言えるだろう。

一方で、速度の中途半端な低さがネック。遅くも速くもない為行動順が安定しづらく、回復のタイミングがズレる可能性がある。全体攻撃も敵より先に撃ちたいところだが、素早い敵には後手に回りがち。必要に応じて他のキャラのサポートや自身の速度デバフを上手く活用してカバーしたい。

回復量も純正ヒーラーには劣るため、ASメリナの回復だけに頼らず、被ダメージを抑えるバフデバフと併用して運用したい。回復スキルの燃費もかなり重く魔法使いではない為かMPも高くはないので、回復スキル連打でのゴリ押しにも向いていない。ヴァリアブルチャントによる治療を駆使したり、攻撃できる性質を活かしてなるべく速く敵を倒すなど、普通のヒーラーとは違った戦い方が求められる。

スキル

レイン・オブ・マナ以外のスキルの威力は腕力バフでUPし、レイン・オブ・マナの威力と回復スキルの回復量は知性バフでUPする。知性デバフを受けると威力は落ちないが回復量が下がる点に注意が必要。

セフェル・ラジム

メインウエポン。水・打の2回攻撃+回復+蓄積がある場合はHP最大値UP。デラージュ1つにつきおよそ40%ほどの回復量UP。HPバフはデラージュ1つにつき+400で最大+1200となる。

属性2回攻撃として威力も悪くなく、おまけで味方全員を1000程度回復できると考えれば強いと言えるだろう。ただし回復手段をこれだけに頼るには少々心許ない数値であり、他の手段でカバーする必要がある。デラージュを蓄積しても回復量増加は1回だけでまた蓄積し直さなければならないので、出来れば他の手段を採用したい。自身のヴァリアブルチャントによる治療、エルの唄の腕力デバフや他のキャラのバフデバフによって受けるダメージを軽減するなどが考えられる。

HPバフのほうは他のバフデバフと重複しない新しい枠の耐久確保手段として考えたい。敵の大技に合わせて他のバフデバフと併用しつつ使用することで凄まじい耐久力を確保出来たりするが、むやみに蓄積してHPバフしても意味が無いことも多い。

マリエルのように回復を連打して死なない戦い方をするのではなく、このスキルで最低限の耐久力だけを確保して敵を倒すような形で採用したい。

セフェル・イェツラ

蓄積用スキル兼全体攻撃。全体に水・打攻撃+味方回復+デラージュ蓄積。デラージュはクリティカルが発生すると一度に2つ蓄積され、蓄積1つにつき腕力と知性両方で与えるダメージが7%ほどUP。回復量は蓄積無しのセフェル・ラジムと同等。雑魚敵処理の際に回復しながら全体攻撃できるのは状況次第で非常に便利。

蓄積用スキルとして見る場合、そもそも蓄積するような状況はボス戦やFEAR戦であることが多いはずなので、全体攻撃であることが利点になりづらいのが難点。

回復量UPとHPバフは強力ではあるが、この効果が必要になるような強敵に対して頑張って蓄積することを考えるとおとなしくマリエルを使った方が早いことも。

レイン・オブ・マナ

水属性の全体攻撃魔法。魔法なので知性で威力が上下する。通常メリナと違いもう一つ全体攻撃を習得したため若干重要性は低下したが、こちらの方が燃費が良い。打耐性を持つ敵にも普通に通る他、降魔の槌装備時にはセフェル・イェツラよりダメージが出る。技枠がきつめではあるが汎用全体攻撃として枠を割く価値は十分あるだろう。

セファ・イノク

水・打の単体1回攻撃+味方全体の腕力UP。セファ・ラジエルは使えないが、このスキルでも物理アタッカーの十分な強化が可能。ただ、速度が落ちたため他の物理アタッカーより先にバフをかけるのは難しくなった。採用価値は大いにあるが、あまりこのスキルに頼るようならそもそも通常メリナを使った方が良いのは考えどころ。

パワーオブテン

単体打攻撃+気絶付与。FEARや一部の異境ボスに対して疑似的な防御スキルとして使用できるが技枠が非常にキツイ。

エルの唄

腕力+速度の確定デバフ。倍率は高くないものの確定付与なので強敵との戦いで役に立つ。常に入れておくようなスキルではないが、通常メリナよりも防御的な性能が向上した分使いやすい。速度の低さもカバーできるが、行動順が入れ替わって回復のタイミングが合わなくなるような事態にならないよう注意したい。

ヴァリアブルチャント

味方全体に治療付与。2回回復することを考えると悪くない回復量で、MPを使わずに前衛のキャラを回復できるのが便利。イメージ以上に使いやすく強力。

装備

武器

槌なのでアダマス武器は無い。

樊噲精怪錘

何て読むの…僅かな差だが強力なステータスを持つ妖怪シリーズの槌。防御的なアビリティ2つを持つ。HP1000UPは強力だがメリナに持たせてもそんなに大きなメリットにはなりにくいか。攻撃時気絶付与は全体攻撃に付与出来て便利だが確率は高くない。他の武器の方が魅力的。

戦槌アルティマニア

こちらも防御的なアビリティを持つ成長武器。ASメリナは耐久が低めなので耐久UPがありがたいが樊噲精怪錘の方が手っ取り早くしぶとくなれる。強化難易度は異境武器に比べれば高くはないが面倒で、持たせるメリットはそこまで大きくない。

オルコスフィリ

攻撃力が低く魔力が最高値の特殊な槌。回復量はUPするが攻撃スキルの威力は大きく下がるため、せっかくの攻撃能力が低下してしまうのが悩みのタネ。これもアビリティは防御的で、全属性耐性UPは汎用性が高く便利だが、状態異常耐性のほうはイメージより効果が低い。回復量が上がる特徴も降魔の槌という強力なライバルが存在する為、わざわざ持たせる価値はあまりないか。

プロメティオン

もう1つの異境槌。こちらは攻撃的なアビリティを2つ持ち、最高クラスのステータスを誇る。HP半減時ダメージUPの効果は、自身より速い敵の攻撃を受けてHPが半減した後で強化された攻撃をしつつ回復して次の攻撃に備える動きが出来るため悪くはないが、HP半減を維持することは出来ない。無属性攻撃力UPは無属性のスキルがパワーオブテンしか無い為ほぼ効果無し。火力を出したいなら砕星がある為、総合すると強い武器だがASメリナに持たせるには微妙か。

リル・ハンマー

リルシリーズの槌。プロメティオンと同値のステータスだがアビリティは持たない。強化が楽な降魔の槌が存在する為他のリル武器と比べると実用期間が短い。素材も集めづらい。

砕星

東方シリーズの槌。全属性攻撃UPのアビリティを持つためASメリナで火力を出したいなら筆頭候補。サブ時MP回復量UPも燃費の悪いASメリナにはありがたい。非常に強力な武器。

トトハンマーヘッド

トトシリーズの槌。物理耐性UPは汎用性が高く耐久が低めのASメリナにはありがたいところではある。回復スキル効果UPは降魔の槌の知性+50と余り差が無く、あちらはレイン・オブ・マナの威力も向上させられる。そもそもこの武器を強化するほどゲームを進めたプレイヤーにとってこの効果が必要になるかと言うと…

降魔の槌

トトハンマーヘッドと同値のステータスを持つ降魔シリーズの槌。ステータスは同値だがアビリティで知性が+50される為回復量とレイン・オブ・マナの威力を大きく高められる。サブ時HP回復量UPは恩恵を受けにくいものの、各要素のバランスが良く最終武器候補。

防具

暁月の腕輪

非常に高いステータスに全属性耐性も持つ最終装備候補筆頭。特に理由が無ければとりあえず持たせたいという性能だが、1点物で取り合いが発生しやすい。水ということでシェイネ辺りと選択。

修練の腕輪

最高クラスのステータスにMPUPまで持った東方の高性能防具の腕輪版。MPは低くはないものの主力スキルの燃費がかなり気になる為、強化したこの腕輪はかなり有効。キー消費しないとはいえ作成・強化はかなり面倒な部類。

鍛錬の腕輪

同じく東方シリーズの腕輪でこちらはHPUP。メリナ的にはMPの方が魅力的か。HPはグラスタでも伸ばせる。

断罪の腕輪Ⅲ

魔獣城VH防具。アビリティはないが高ステータスで、キーは使うものの東方防具よりは量産しやすい為繋ぎ・あるいは不足分に。

トトのミサンガ

トトシリーズの腕輪。ステータスは断罪の腕輪Ⅲより劣る。状態異常耐性を持つが効き目が実感しづらいため他の防具を持たせた方が幸せになれるか。

降魔の腕輪

トトシリーズと同じステータスの降魔シリーズ。クリティカル発生でデラージュが2つ蓄積される仕様のため幸運UPはありがたいが、効果は薄目。多くの場合ASシュゼットに持たせていると思われ、取り合いするほどの恩恵は無いか。

バッジ

セフェル・ラジムとセフェル・イェツラの威力を強化する腕力、レイン・オブ・マナと回復量を強化する知性、低めの速度を補う速度が候補。グラスタとの兼ね合いも考えた上でパーティ内でのASメリナの役割をしっかりと理解し、合ったものを持たせたい。

グラスタ

水属性攻撃UP

アタッカーの基本グラスタ。物理も魔法もまとめて強化できる。ステータスは腕力でも知性でも有効だが役割に合った方を伸ばそう。速度がUPする物を持たせると速度がさらに中途半端になる為、目的を持って選びたい。

クリティカル率UP

クリティカル発生でデラージュ2つ蓄積のため、蓄積を活用するなら持たせると役立つ。

HP最大時ダメージUP

全体攻撃を強化出る他、アナザーフォース中に全回復すればそのままダメージUPとなる為相性は良い。メリナ自身だけでなく、このグラスタを装備した他のキャラ全般と好相性。

サブメンバー時MP回復量UP

消費の重い主力スキルを連発したあとの復帰を早める。必要に応じて。

回復スキル効果UP

回復重視の場合に。無くても十分高難易度で通用するため、パーティや立ち回りと相談して必要そうなら。現状生命の硬玉が1つしかないため考えなしに作るのは控えたい。

編成

回復能力を活かせる場所で投入したい。マリエルよりも回復量は劣るが良好な攻撃性能が取柄である為、マリエルだと過剰回復になるような場面での採用が基本となる。もちろんセットで採用すると凄まじいしぶとさを発揮する。とは言え、他のキャラの持つサポートスキルを活用すればASメリナの回復量で十分な状況は思っている以上に多く、主力回復キャラとしてガンガン使っていけるだろう。

攻撃面では水属性であることを活かしてシェイネと組ませたい。シェイネのヴァリアブルチャントは物理と魔法両方を強化してくれるためメリナとは相性が良い。

敵の攻撃を回復範囲内に抑える為に被ダメージを抑えるキャラとは積極的に組ませたい。水属性だけでもマイティ(火と物理耐性)・ラクレア(腕力デバフ)・デューイ(知性デバフ)・シグレ(腕力知性デバフと物理耐性バフ、HP最大時ダメージUPも)・サキ(知性デバフ・火耐性UP)と幅広く揃っている。

他にHP最大時ダメージUPのグラスタを持たせたキャラのHP最大維持目的で採用するのも有効。アナザーフォース参加適性もあるため他のヒーラーよりも効率よくHPを維持できる。

資料

Ver1.9.1で追加された、アナザースタイルのメリナ。通常時と同じく攻撃しながら味方に恩恵を与えるスキルを得意とし、物理武器を持ちながら魔法も扱えるキャラとなっている。以前からメリナは回復スキルを習得してほしいと願うユーザーは多く、要望に応えたような形となった。

アナザースタイルとしてはかなり多くの他の候補を飛ばして実装された感があるが、開発スタッフ内でメリナの人気が高いことや、通常メリナの使用率が高くなさそうであること、外伝(炭鉱)のボーナスキャラでありながら外伝の内容に一切絡まないことなどを考慮したのだろうか。

2018年の12月13日にVer1.9.1が配信され、その後12月25日にVer2.0が配信されピックアップガチャが終了してしまったため、ASメリナのピックアップ期間は2週間も無かったという異例の短期間ガチャとなった。

通常スタイルと比較すると腕力と知性が大きく上がった代わりに速度が低下し、その他のステータスも若干落ちてしまったが、貴重な回復スキル持ちの冥キャラであり、単体攻撃性能も通常メリナより高く、何より初のアナザーフォースに参加できるヒーラーということで注目を浴びた。ただ、回復量が控えめな為扱い方を誤るとあまり強く感じないことも。

水・打・腕力デバフ・回復スキルで当記事作成段階での最新高難易度ダンジョンである現代ガルレア大陸の適正度が高い。水で朱雀・打でミズチの殻・腕力デバフでからくり侍に有利が取れるためすべてのボス戦で役割が持てる。雑魚戦でも全体攻撃で活躍し、特に雑魚敵が硬い荒れ寺で弱点を突きやすいなど重要度が高い。

アナザースタイルへのクラスチェンジに必要なパニッシュメントの異説は外伝・断章・異境以外のすべてのVHアナザーダンジョンと現代ガルレア大陸で低確率でドロップする他、幻璃境の詩人やノポウ・カンパニーのツブラの玉交換所で入手可能。