お知らせ

ゲーム内お知らせに載っていない加入キャラに関しては実装から1ヶ月を目途にネタバレ解禁をします。ご注意ください。

★記事作成後にゲーム側で追加・修正・変更されたものに関して更新が追い付かず、反映されていないものも多いです。当ブログに問い合わせる前に、ゲーム内のお知らせを確認してください。

★次回の今日のアナデンでいくつかのコメント返しを予定しています。

1度お目通しくださいよくある質問や意見・用語まとめ 

ツバメの評価と詳細

2019年1月6日

基礎情報

ツバメ
属性 天冥 武器 防具 属性耐性 状態耐性
首飾り 水30% 10%
星4
星5
くノ一
シャドウロード
パーソナリティ
東方 拳
Lv80時のステータス
HP
MP
3448
411
腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
201 146 181 146 233 194
天冥ボーナス
5 15 30 50 75
MP+20 腕力+10 HP+200
105 140 175 215 255
ヴァリアブルチャント
Lv1 陰から助くは 忍びの本懐!
味方全体に速度10%UP+敵全体に腕力10%DOWN(1ターン)
Lv2 血路を拓くが 忍びの務め!
味方全体に速度20%UP+敵全体に腕力15%DOWN(1ターン)
Lv3 怯まぬ心が 忍びの刃!
味方全体に速度30%UP+敵全体に腕力20%DOWN(1ターン)
スキル
逢魔手裏剣
MP 23
敵全体に斬攻撃(小)+地属性耐性20%DOWN(3ターン)
破魔手裏剣
MP 45
敵全体に斬攻撃(大)+地属性耐性25%DOWN(3ターン)
滅魔手裏剣
MP 57
敵全体に斬攻撃2回(特大)+地属性耐性30%DOWN(3ターン)
地打掌
MP 12
敵単体に地属性の打攻撃(小)
双蛇脚
MP 14
敵単体に打攻撃2回(小)+気絶を付与
闘経脈
MP 20
自身に腕力30%UP+速度30%UP(5ターン)
土龍顕術
MP 29
敵全体に地属性の打攻撃2回(中)+味方全体に地属性攻撃30%UP(3ターン)
猛猫迅舞
MP 47
敵単体に地属性の打攻撃3回(特大)

特徴

非常に強力なスキルを多数持つ地属性の高速アタッカー。属性3回攻撃をメインウエポンとするためアナザーフォース参加適性が高く、2種類の全体攻撃に各種強力なバフデバフを操るオールインワンなスペックを誇る。斬攻撃と打攻撃を使い分けることも出来るため、スペック以上に柔軟性が高い。

全体攻撃のオマケについている地属性の攻撃バフと耐性デバフはどちらも倍率が高く、他のキャラならこれだけでも目玉になり得る強力なスキルだがそれを複数持つ。汚いさすが忍者汚いと言ったところか。

威力・範囲共に優秀な性能を持つ反面、耐久力に不安が残る。特に耐久が低めで、腕力デバフのVCで物理攻撃を受けにいったらそのまま倒れてしまったということも。

また、全部入りすぎて出来ることが非常に多く、すべてをツバメにやらせようとするとターン数が多くかかってしまう。MP消費もキツめなので、何でもできるからこそ役割をしっかり考えて必要なことだけをやらせたい。

スキル

猛猫迅舞

メインウエポン。地・打の3回攻撃。威力倍率が高く、一般的な3回攻撃よりもダメージが高い。シグレの3回攻撃のHP最大時補正込と同じくらいのダメージが出る。ボス戦やアナザーフォース中は基本的にはこれを連打。エフェクトが本当に若干だが長めなので並びによっては行動順が入れ替わることも。

土龍顕術

全体攻撃。地・打の2回攻撃で味方全体に地属性攻撃バフ。全体攻撃として見ても燃費・威力優秀で2回攻撃のためゲージも稼げるのに、オマケで味方全体に地攻撃バフが付いてくる。バフの倍率も高い。エフェクトが長めだが2回攻撃の為アナザーフォース中に使うこともできる。速度が高いため他の仲間より先に撃てるのも好評価。特に理由がなければ必ずセットしておきたい。

滅魔手裏剣

全体攻撃。こちらは無属性の斬攻撃2回に地属性耐性デバフ付与。妙に威力が高い。土龍顕術とは敵の耐性によって使い分けられる他、両方使えばパーティの地属性ダメージが大きくUPする。ただし消費がかなり重いためMPのケアは必要。デバフが確定ではない点も注意。とはいえ非常に強力なスキルなのでこちらもセットしておきたい。

ボス戦では3回攻撃・地属性攻撃UP・地属性耐性DOWNと3つの重要な要素を1人でこなすことが出来るが、全部を1人でやるとターン数がかかってしまい無駄が生じやすい。強力なのは間違いないが、考えて使わないとせっかくの強さを活かしてあげられない点は肝に銘じておこう。

双蛇脚

2回攻撃+気絶。このスキルも威力がやけに高いため無属性主体で行くなら。FEAR対策にも悪くないが地属性で組む場合は技枠が大変キツイ。育成中や全体攻撃の必要性が低いヌシ戦などに。

闘経脈

自身に腕力と速度のバフ。倍率は30%と高めで5ターン持続とただの自己バフにしては優秀ではあるが、猛猫迅舞・土龍顕術・滅魔手裏剣が強力すぎて入れる場所も使うターンもない。素直に攻撃した方が圧倒的に強い。

ヴァリアブルチャント

腕力デバフ+速度バフ。高難易度で輝く組み合わせ。とは言え強力な攻撃スキルを持つキャラの宿命として普通に殴った方が強い場面が多いため、本当に必要かどうかはよく考えて使いたい。基本的にデバフが無くても耐えられるのなら、さっさと倒してしまった方が速い。

装備

武器

バルク・ファウスト

異境武器。高いステータスに強力なアビリティ2つを持つ。無属性攻撃UPが付いているため滅魔手裏剣の威力を重視する場合は最終武器候補となる。MP回復量UPも魅力的。無属性は他にキャラが充実していることもあり、基本的には猛猫迅舞や土龍顕術を強化出来る他の武器の方が優先度が高いか。

冥鬼の鉤爪

異境武器と並ぶステータスに、こちらも強力なアビリティを持つ妖怪シリーズの拳。属性攻撃UPでメインウエポンの猛猫迅舞と全体攻撃の土龍顕術を強化できる。速度UPの方は一長一短で、この武器を持たせるだけで速度253となりアナザーフォース1周目の待機時間を短縮できるが、もともと速いツバメでは恩恵を受けにくい場面も。また、他のキャラでツバメのサポートをしたい場合に、この武器のせいでツバメが速くなりすぎてサポートを受ける前に動いてしまうケースもある。また、MPを強化するアビリティを持たない為、他の武器よりも燃費問題で難儀する。

リル・ナックル

釣りで入手できるリルシリーズの拳。異境武器と並ぶ高ステータスだが特にアビリティは持たない。武器強化や妖怪武器までの繋ぎとして使いたい性能ではあるが、ヌシの素材を使用する為そもそもこの武器の入手ハードルが高いのが難点。

桜穿

東方シリーズの拳でステータスは異境武器よりは少し劣るものの高め。無属性攻撃UPの効果は滅魔手裏剣を強化できるが、最終的にはバルク・ファウストに劣る。こちらの方が作りやすいので代用に。気絶付与は低確率故にオマケ程度だが、全体攻撃が得意なツバメには悪くない。これもMP系の能力が無いため燃費の改善を図りたいのなら他の武器で。

トトラッキーハンド

ステータスは低いが便利なアビリティを持つトトシリーズの拳。属性攻撃の威力は+10まで強化でリル・ナックルよりわずかに高くなる。上位の武器と比較すると素のステータスが高くない為に滅魔手裏剣の威力は大きく劣り、属性攻撃の威力も冥鬼の鉤爪に負けるが、こちらは消費MP軽減のアビリティを持つため、MP問題の解消に役立つ。入手性も上位武器に比べれば楽な方。

降魔の拳

トトシリーズと同じステータスを持つ降魔シリーズの拳。これもMPUPを持つため魅力的ではあるが、せっかくの火力を伸ばせないのは残念。一応打耐性デバフ付与のアビリティを持ち、このデバフはツバメが自力では付与出来ないものなので使い出はあるが、低確率で頼りない。他の武器入手までの繋ぎに。

アダマスナックル

どちらの強化をした場合も強力だが拳は無属性・地属性ともに代用は効きやすい。MP回復UPがありがたいのでMPのケアが出来る冥鬼の鉤爪的なポジションになるか。

防具

褐葉の首飾り

非常に高いステータスに全属性耐性も持つ最終装備候補筆頭。耐久が低めのツバメにはなるべく高性能な防具を持たせたいところ。

修練の首飾り

最高クラスのステータスにMPUPまで持った東方の高性能防具。雑魚戦で全体攻撃を連打するとあっと言う間にMPが枯渇するため魅力的な防具。褐葉の首飾りには劣るがステータスが高く、こちらも最終装備候補。

鍛錬の首飾り

同じく東方シリーズの首飾りでこちらはHPUP。強化は大変だがこれも耐久力向上に役立つだろう。

妖夢の首飾りⅢ

魔獣城VH防具。アビリティはないが高ステータスで、キーは使うものの東方防具よりは量産しやすいため繋ぎ・あるいは不足分に。

ミミのネックレス

トトシリーズの首飾り。ステータスが低めで幸運UPもクリティカル率への恩恵は誤差程度なのであまり使わない。

降魔の首飾り

こちらは降魔シリーズ。速度UPを持つため行動順調整に役立ち、冥鬼の鉤爪同様これだけで速度249を突破できるため便利だが、やはりもともと速いツバメよりも他のキャラに持たせたくなるか。特に地属性は火力担当が鈍足のナギであり、そちらに回りやすい。他にも高速キャラがいるパーティなどでツバメを最速にしたい場合など採用はピンポイントになりがち。耐久が気になる。

バッジ

基本は3回攻撃を活かすため腕力バッジで良いだろう。耐久も気になるが敵を素早く倒す方向でカバーしたい。

グラスタ

地属性攻撃UP

アタッカーの基本グラスタ。速度の上がりすぎには場合によっては注意。

無属性攻撃UP

滅魔手裏剣を重視するなら。エイミと被るのが痛い。対強敵用で考えるのなら他の無属性メンバーが揃っているならツバメの枠は無いので地属性の方を伸ばした方が良いかも。

HP最大時ダメージUP

全体攻撃や高い速度と相性が良い。回復手段は別に用意したい。

会心の力

実質腕力10速度10幸運160。ダメージ期待値をわりと大きく伸ばせるが確定クリティカルとかではないので運に左右されやすい。とにかく破壊力を求める場合に。

消費MP減少

滅魔手裏剣を道中で連発する場合はMPがキツイので候補。何発撃ちたいのかを考えて必要なら。HPが盛れるのも状況次第ではありがたい。

サブメンバー時HP/MP回復量UP

HPを強化できるため耐久力のケアにもなる。火力優先なら属性攻撃に枠を譲りたいが、汎用性重視なら持たせたい。

編成

地属性を強烈に強化でき、自身も地属性最強クラスのアタッカーであるため、地属性の仲間と組ませたい。トゥーヴァ・ナギ・シェリーヌなど。腕力や知性バフではなく属性攻撃バフや属性耐性デバフでの強化であるため物理・魔法問わず組み合わせられる。

打の3回攻撃持ちということでエイミ・フェルミナと組み合わせて打攻撃パーティも悪くないが、現状組む意味は薄いか。

滅魔手裏剣と双蛇脚が無属性の割に威力が高いため無属性主体で組んでも強いが、その場合1点物のグラスタをエイミと取り合う形になる。編成の相方としては他にエルガ、ASシオン、レンリ、サイラス、ヘレナ辺りが挙げられるが、ツバメがいなくとも既に充実している無属性よりは層の薄い地属性で使ってあげたいところではある。

スペックが非常に高く、性能がほぼ自身で完結しているため特に組み合わせを気にせずとも適当にパーティに採用するだけでも十二分に活躍してくれる。

資料

Ver2.0でメインストーリー第2部と同時に実装された東方の忍者。大食いでちょっとズレていて妹想いと、忍者のイメージとはギャップのあるキャラクター性となっている。事前に公開されたムービーで地属性の3回攻撃を繰り出していたため、地属性初の3回攻撃持ちキャラとして・そしてそれまで攻撃面で不遇であった地属性待望の強力なアタッカーとして期待された。

実際に実装されてからも、期待を大きく上回る強さで地属性の地位を高めた。といってもパーティ単位で見るとまだまだ不遇である為、『地属性が強い』というよりは『ツバメが強い』と言った状況になってはいる。

武器は拳だがグラフィックには反映されず、手裏剣を使用するスキルは斬攻撃判定となる。走り方もどことなく忍者らしい走り方になっている。

2種類の全体攻撃がかなり多くの雑魚敵に刺さり、腕力デバフや速度バフ、地属性3回攻撃と言った要素の重要性が高い同時実装の現代ガルレア大陸でもその強さを遺憾なく発揮してくれる。

星5クラスへのクラスチェンジに必要なシャドウロードの書は月影の森でドロップ。

 

0