お知らせ

ゲーム内お知らせに載っていない加入キャラに関しては実装から1ヶ月を目途にネタバレ解禁をします。ご注意ください。

★記事作成後にゲーム側で追加・修正・変更されたものに関して更新が追い付かず、反映されていないものも多いです。当ブログに問い合わせる前に、ゲーム内のお知らせを確認してください。

★次回の今日のアナデンでいくつかのコメント返しを予定しています。

1度お目通しくださいよくある質問や意見・用語まとめ 

シェイネ(AS)の評価と詳細

2019年5月31日

基礎情報

シェイネ(アナザースタイル)
属性 天冥 武器 防具 属性耐性 状態耐性
腕輪 火20% 20%
星4
星5
ルーンナイト ブリュンヒルド
パーソナリティ
Lv80時のステータス
HP
MP
3365 492
腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
224 168 200 154 185 170
通常スタイルのコンプリートボーナス
アークナイト MP+40
天冥ボーナス
5 15 30 50 75
MP+20 耐久+10 精神+10 腕力+15 知性+15
105 140 175 215 255
MP+60 耐久+20 精神+25 腕力+25 知性+30
ヴァリアブルチャント
Lv1
味方全体にクリティカル率50%UP(1回行動)
Lv2 本気モードで、やっちゃうから!
味方全体にクリティカル率70%UP(1回行動)
Lv3 恋する乙女は、最強無敵よ!
味方全体にクリティカル率100%UP(1回行動)
強化ヴァリアブルチャント
Lv3 恋する乙女は、最強無敵よ!
味方全体にクリティカル率100%UP(2回行動)
スキル
チャームダンス
MP 15
敵単体に水属性の斬攻撃(小)+水属性耐性20%DOWN(1ターン 最高累積回数3)
ファッシネイトサガ
MP 37
敵単体に水属性の斬攻撃(大)+水属性耐性25%DOWN(1ターン 最高累積回数3)
アシッドスラッシュ
MP 20
敵単体に水属性の斬攻撃(小)+斬耐性15%DOWN(3ターン)
ショックスラッシュ
MP 17
敵全体に斬攻撃(小)+気絶を付与
デュアルサーペント
MP 24
敵単体に水属性の斬攻撃2回(中)
アセンションソード
MP 36
敵単体に斬攻撃(中)+自身に腕力20%UP(2ターン)
ヴァッサーファル
MP 47
敵単体に水属性の斬攻撃(特大) ティールを1つ消費して威力増加・クリティカル時にさらに威力増加
ウェルテクス
MP 50
敵全体に水属性の斬攻撃(特大)+自身にティールを蓄積 ティール蓄積数分だけターン終了時に水属性の斬攻撃で追加攻撃
アビリティ
ターン開始時に味方男性キャラに物理攻撃によるクリティカル発生時ダメージ50%UP(1ターン)を付与

特徴

クリティカルと自動追加攻撃でダメージを稼ぐ水属性の高火力アタッカー。ヴァッサーファルは蓄積がある状態ならクリティカル発生時に通常時の8倍ものダメージを与えられる。1つでも蓄積していればすぐに最大火力が出せるため、蓄積するのにターンがかかりすぎないのも大きな魅力だろう。

蓄積時のもう1つの効果として、ターン終了時に蓄積数に応じた追加攻撃を自動で行ってくれる。威力も悪くなく、ゲージも溜まるため3つ蓄積しておけば毎ターン自動で3回攻撃してくれることになりゲージ効率も良好。

ヴァリアブルチャントによる100%のクリティカル率UPも強力。クリティカル発生時にはダメージが約2倍近くになるため、通常の腕力バフよりもダメージUP効率が良い。もちろん腕力バフと組み合わせるのも良い。その他、男性キャラのクリティカルダメージを50%UPさせたり、雑魚戦で使いやすい全体攻撃も持つ。

欠点としては、クリティカルが出ないと大した火力が出ないため、クリティカルバフを使える仲間との組み合わせが必須に近いことが挙げられる。使いやすい確定クリティカルバフを持つデュナリス・ASユナがいないと本領を発揮することは出来ないだろう。

また、通常のシェイネに比べて速度が少し低下。これは他の仲間からのサポートを受けやすいというメリットとして捉えることも出来るが、アナザーフォース時の攻撃回数に響いて来たり、せっかく全体攻撃を持っているのに雑魚戦で先手が取れなかったりといったデメリットも目立つ。アナザーフォース中は単発攻撃ばかりになるのも、優秀なアナザーフォースアタッカーが多い水属性としては痛い。

性能自体とは別の話だが、ターン開始時の男性キャラへのバフ演出が微妙に長く、周回パーティに組み込むと非常に煩わしい。周回速度を上げるために使うことが多い高火力キャラなのに周回時に余計な時間がかかってしまうのは難点と言えるだろう。

スキル

ウェルテクス

蓄積用スキル。敵全体に水・斬攻撃。蓄積1つにつきクリティカル率がおそらく5%増加。クリティカルが発生すれば1度に2つ蓄積できる。さらにターン終了時に蓄積数と同じ回数だけ追加攻撃を行う。この追撃はASトゥーヴァと同じようなものだが、攻撃しながら蓄積できる点でこちらの方が圧倒的に使いやすい。クリティカルで2つ積めれば実質的に3回攻撃したことになるため、スキル自体は1回攻撃ながらゲージ増加量は良好と言える。

全体攻撃なので雑魚戦でも使っていけるが、消費が少々重い。

また、追撃でもクリティカルバフを消費してしまう。しっかりクリティカルが発生するため無駄になるわけではないが、状況次第ではヴァッサーファル用に付与したクリティカルバフをこの追撃で消費してしまい、本命のヴァッサーファルがクリティカルにできないということにもなるため注意。この仕様により、蓄積状態のヴァッサーファルを自身のVCでクリティカル化することは出来ない。

普段のゲージ増加量は良好だが、AF中は追撃が無いため普通の1回攻撃でしかなくゲージ増加量が低い。追加攻撃でも武器の『攻撃時まれに○○付与』系の効果が発動する。

ヴァッサーファル

敵単体に水・斬の1回攻撃。蓄積が1つでもあれば1つ消費してダメージが2倍になり、さらにクリティカルが発生した時のダメージが約2倍ではなく約4倍に変化する。つまり蓄積時にクリティカルが発生すればダメージが8倍近くになる。いくつ蓄積していても1度に消費するのは1つだけ。

蓄積時の効果は1つでも3つでも変わらないため、2ターン目から最大火力を出していける。蓄積効果を持つキャラは最大火力を出すのにターンがかかるキャラが多いので、この点は非常に優秀。また、1つずつしか消費しないため3つ蓄積しておけば最大火力のこのスキルを3ターン連発できる。この辺りが他の蓄積高火力キャラとの違いになってくるだろう。1ターン目にウェルテクスで2つ蓄積、2・3ターン目にヴァッサーファル連打と動くと毎ターンクリティカルが出れば3ターンでの与ダメージは相当なものになる。

問題はクリティカルが出ないと大したダメージが与えられない点。クリティカルバフでのサポートはほぼ必須と言え、パーティ構成や立ち回りが制限される。1ターン目からクリティカル確定バフを連打できるデュナリス、2ターン目からにはなるが同じくクリティカル確定バフを連打でき、水属性の火力も上げられ欠点である速度とゲージ増加量までブーストできるASユナのどちらかと組ませないと火力を出し切るのは難しい。フィロでは確定クリティカルにできず、ASイスカではターンがかかってしまう。自身のVCによるクリティカルバフも追撃で消費してしまうのでこのスキルには反映できない。

蓄積を消費するとターン終了時の追加攻撃の回数が減ってしまうが、ASトゥーヴァのように耐久しながら追撃でチマチマ削っていく戦い方よりも、積極的に蓄積を消費して大ダメージを狙っていく戦い方の方が適している。

ショックスラッシュ

全体に斬攻撃+気絶。威力は低めだが消費が軽く、気絶付与が非常に便利。雑魚やFEARの足止めに。ただし通常のシェイネより速度が低下しているため先手が取れないことも出てくる。

ファッシネイトサガ

敵単体に水・斬の1回攻撃+水耐性の累積デバフ。デバフは確定で付与され、3回まで累積でき25%→37.5%→最大50%と効果がアップしていく。当然ながら通常シェイネよりも効果が落ちるためあまり積極的に使っていきたいものではない。ティールを蓄積してこれを累積してヴァッサーファルで大ダメージ…というのはいくらなんでも悠長すぎるだろう。1ターンしか持たないのでこれを付与してから蓄積しようとするとヴァッサーファルを撃つ前に解除されてしまうのも難点。倍率が低かろうと素直に他のキャラで付与したい。

ただしアナザーフォース中に使うスキルとしては非常に重要度が高い。モーションが早いのはもちろん、ウェルテクスのモーションが長いため基本的にはファッシネイトサガを中心に連打して、要所でウェルテクスとヴァッサーファルを使う方がダメージを稼ぎやすい。

アセンションソード

単体に斬攻撃+自身に腕力バフ。スキル自体のダメージがよろしくない上に自分だけに腕力バフでは1ターン使う価値はあまりない。バフを付与したいなら他のキャラでやりたいところ。

デュアルサーペント

単体に水・斬の2回攻撃。威力は高くないがASシェイネ唯一の2回攻撃。3つ蓄積してこのスキルで攻撃すれば水属性の5回攻撃ということになる。弱いとは言わないが、3つも蓄積したのならさっさとヴァッサーファルを撃って行った方が早いためあまり活用する場面は無いか。

ヴァリアブルチャント

味方全体を1度だけクリティカル確定の状態にする。1ターンではなく攻撃1回分なので1度攻撃すると消費してしまうが、攻撃以外の行動では消費されないため温存しておくことが出来る。また、この効果では魔法攻撃をクリティカル確定にすることは出来ない。魔法会心のグラスタを持たせていても同様。

クリティカルはダメージがおよそ2倍近くになるため、他のVCの腕力バフよりもダメージの上がり幅が大きい。当然MPも消費しないので特に雑魚戦での全体攻撃の威力をアップさせる使い方が強力だろう。

追撃で消費してしまうため自身へのクリティカルバフ付与はあまり有効ではない。このためボス戦では少々活用しにくい。

男性キャラクリティカルダメージUP

ASシェイネが前衛にいる場合、ターン開始時に味方の全男性キャラを1ターンの間物理攻撃でのクリティカルダメージが50%UPする状態にする。物理攻撃だけなので魔法会心のグラスタを持たせた魔法アタッカーには効果が無い。ただしデュナリスのトゥールビヨンなどは知性依存の物理攻撃なのでしっかりこの効果が適用される。シエル・いいマクマク・星3のロボットたちには付与されない。男キャラが1人もいなくても強制的に発動するが、シェイネが行動できない状態の場合(睡眠や混乱など)は発動しない。

クリティカルバフとセットで使ってやることで大きく火力を伸ばすことが出来る。自身のVCを他の仲間の攻撃後に発動してやれば次のターンまで持ち越せて、このバフの効果を活かすことが出来る。そういう使い方をする場合は速度の低さはメリットにもなるだろう。

ただし難点として、男キャラの比率が低く普通にパーティを組むと女性キャラ率が高くなってしまうバランスになっている。性質上、もともと火力の高いキャラに付与してやりたいところだが、物理の高火力キャラが女性キャラばかりになっており、あまり大きな効果は得られにくい。このバフのために無理に男性キャラを多く採用したパーティにしても、このバフ無しの普通のパーティより総合火力が下がったりするので、オマケ程度に捉えた方が良いだろう。

1番の問題は前衛にいると強制的に発動し演出が妙に長いことだろう。周回時にはこれでかなりの時間がかかってしまいテンポが非常に悪い。高火力アタッカーのASシェイネは主に時短のために採用したいキャラであるため、この点は無視できない。

装備

武器

デリア・クシフォス

高ステータスで消費MPを軽減できる。ウェルテクスを雑魚戦用に使いたい場合や、長期戦で前に居座りたい場合に役立つ。火力に関連した能力を持たないので、火力特化キャラであるASシェイネ的には少々物足りない。

勾践精怪剣

高ステータスに最大火力を狙える能力を持つ。ASシェイネは速度が低めなため敵の攻撃を受けてHPが半分以下になってから攻撃するといったことも狙っていけるだろう。効果を最大限に発揮したい場合はやはりAFで使いたいところだが、ASシェイネは普通に使うとAF適正度が低い。そしてAF適正度を上げるためにASユナと組み合わせると今度はHP半分以下を維持しづらい、というふうに少々使いづらさが目立つ。強力だが、無理に狙わなくとも他の武器でも良いだろう。

リル・ソード

能力は持たないが高ステータス。見た目が似合うとかの理由はさておき、他の武器があるのなら採用理由は特にない。剣はまだ入手しやすい方なので、代用として使うこともあるか。

桜迅

属性攻撃ダメージUPに速度UPまで付いた優秀な武器。ステータスも悪くない。速度UPは+10と控えめだが、これとHP最大時強化+会心の力+水流の力(速度)のグラスタ、速度29以上のバッジで速度249に出来るため重要度高め。セットで使うことの多いクリティカルバフ持ちのキャラはほとんどが速度バフを持っているのでそれらを活用する場合は無理に調整することもないだろうが、それでも火力的にも強力な武器なので採用率は高いだろう。

ナイトウィング

無属性攻撃UPとMP回復量UP。これを持たせてまでショックスラッシュの威力を上げたいかと言われると…。

降魔の剣

攻撃時まれに斬耐性デバフ付与と状態異常耐性UP。状態異常耐性はほとんど空気。斬耐性デバフも低確率故に普通は空気なのだが、ASシェイネの場合はターン終了時の蓄積でも付与できるため、他のキャラと比べて付与できる確率が高くなる。それでも積極的に持たせたいほど強いわけではないが、他のキャラに持たせるよりは相性が良い。

防具

暁月の腕輪

最高のステータスに全属性耐性バフ。水属性で取り合いになるのはヒスメナ・メリナあたりか。耐久面のステータスは高くは無いので持たせる価値はある。

修練の腕輪

MPUPと高ステータス。MP消費は重めだが足りなくなるほどという状況はそこまでない。必要に応じて。

鍛錬の腕輪

HPUPに高ステータス。耐久面のステータスは高くないのでHPUPがありがたい。必要に応じて。

断罪の腕輪Ⅲ

上記の防具には十分なステータスで能力無し。上位の防具があるなら持たせる意味は無いが、代用品として。

トトのミサンガ

状態異常耐性UP。やはりほとんど実感できない能力なので優先度は低いが、勾践精怪剣の能力発動のためにわざと弱い防具を持たせるのはアリ。

降魔の腕輪

幸運+20。実質クリティカル率+1.25%。ほぼ誤差みたいな確率ではあるが、自力でクリティカルを狙う場合は少しでも高い方が良いか。ステータスが低いのは純粋にマイナス点だが、こちらも勾践精怪剣用にするのはアリ。

バッジ

火力重視のキャラなので腕力バッジを持たせたいところ。桜迅+HP最大時強化+会心の力+水流の力(速度)+速度バッジで速度249にできるため必要なら速度バッジも検討。自力クリティカルを狙うために幸運バッジも選択肢としては無くもないが、さすがにあまり持たせたくない。

グラスタ

水属性攻撃UP

火力重視のキャラなのでメインウエポンの火力を上げるこのグラスタは重要度が高い。速度が問題になりやすいので激流の力よりも速度の水流の力が優先される場合もある。

無属性攻撃UP

ほぼショックスラッシュ専用。あまり優先的に持たせるものでもないが状況次第では採用も無しではない。必要に応じて。

クリティカル率UP

自力クリティカルに影響するのはモチロン、速度+10が非常にありがたい。主に速度調整用。

HP最大時ダメージUP

条件付きだが水属性も無属性も強化でき、速度も+10できる優れもの。ぜひ持たせたい。勾践精怪剣とは相性が悪い。

サブメンバー時HP/MP回復量UP

耐久面のステータスは高くないが、腕輪のステータスが優秀なのもあってわざわざこのグラスタを持たせるほど柔らかいわけではない。火力重視の方が使いやすいだろう。必要なら検討。

消費MP減少

ウェルテクスを全体攻撃として使う場合や、前衛に長く居座りたい場合に有効ではあるが、やはり火力系のグラスタを持たせて短期決戦を狙いたいところ。

編成

クリティカルバフを持つキャラは最優先で組み合わせたい。特に強いのは1ターン目から連発できるデュナリスと、2ターン目から連発可能でその他全般的に相性が良いASユナ。ASユナ採用時には特に等倍相手にも凄まじいダメージを出せるため、弱点の無い敵への解答としてもオススメ。

単に水属性のパーティに採用するだけでもそれなりにダメージを稼ぐことは出来る。マイティやラクレア、シグレ、ヒスメナ等。シグレはASシェイネのクリティカルダメージUPのバフを活用できる貴重な相方でもある。

水弱点の敵に対して使う場合は普通のシェイネでもそんなに変わらないことも多い。最終的にはASユナと組み合わせて等倍の敵にダメージを出しに行くのがメインの仕事になりやすいか。

資料

Ver2.1.30で実装された、シェイネのアナザースタイル。ゴテゴテした鎧でありながら通常時と同じく露出の多めなデザインとなっている。クリティカルに特化した性能に調整されており、近い時期に実装されたデュナリスやASユナとの相性が抜群に良い。男性キャラ限定のバフ効果が話題を呼んだ。

シグレや通常メリナ、リィカとポーズが非常に似ている。シグレは男性限定バフの恩恵が受けられ、通常メリナはASユナの水天陣時に相性が良いなど性能面でも組み合わせられるようになっているので、ポーズが似ているパーティというのも面白いかもしれない。

アナザースタイルへのクラスチェンジに必要なブリュンヒルドの異節は外伝・断章・異境以外のすべてのVHアナザーダンジョンと現代ガルレア大陸で低確率でドロップする他、幻璃境の詩人やノポウ・カンパニーのツブラの玉交換所で入手可能。

2