お知らせ

★ネタバレ防止について★

ゲーム内お知らせに載っていない加入キャラに関しては実装から1ヶ月を目途にネタバレ解禁をします。

★記事作成後にゲーム側で修正されたものに関して★

更新が追い付かず、反映されていないものも多いです。当ブログに問い合わせる前に、ゲーム内のお知らせを確認してください。

1度お目通しくださいよくある質問や意見・用語まとめ 

ニケ(アナザースタイル)の評価と詳細

2019年8月8日

基礎情報

ニケ(アナザースタイル)
属性 天冥 武器 防具 属性耐性 状態耐性
指輪 火20% 20%
星4
星5
ケンセイ
ヤソマガツヒ
パーソナリティ
東方 刀
Lv80時のステータス
HP
MP
3363 494
腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
233 142 230 140 208 148
天冥ボーナス
5 15 30 50 75
耐久+5 MP+40 腕力+10 幸運+15 精神+15
105 140 175 215 255
耐久+20 MP+60 腕力+25 幸運+25 精神+30
ヴァリアブルチャント
Lv1 ?
敵全体に腕力10%DOWN+知性10%DOWN(1ターン)
Lv2 剣の舞で、誘いましょう
敵全体に腕力15%DOWN+知性15%DOWN(1ターン)
Lv3 死を呼ぶ剣で、因果を絶ちます
敵全体に腕力20%DOWN+知性20%DOWN(1ターン)
強化ヴァリアブルチャント
Lv3 死を呼ぶ剣で、因果を絶ちます
不明
スキル
睡蓮斬
MP 14
敵単体に斬攻撃2回(小)+睡眠を付与
睡蓮花
MP 37
敵単体に斬攻撃3回(大)+睡眠を付与
水面斬り
MP 12
敵単体に水属性の斬攻撃(小)
小夜時雨
MP 13
敵単体に斬攻撃(小)+毒を付与
水竜二段
MP 24
敵単体に水属性の斬攻撃2回(中)
杜若
MP 44
敵単体に水属性の斬攻撃2回(大)+水属性耐性25%DOWN(3ターン)
咎の太刀
MP 51
敵全体に水属性の斬攻撃(特大)+ペインを付与(対象の耐性無視)
いざないの剣舞
MP 50
敵単体に水属性の斬攻撃3回(中)+腕力10%DOWN+知性10%DOWN(2ターン 最高累積回数3)+自身に死桜の花弁を蓄積 対象がペイン時に威力増加 死桜の花弁蓄積数で効果増加

※蓄積数2 ターン開始時HP100%未満で、気絶し回復時に死桜の花弁を全消費

特徴

蓄積による水属性の5回攻撃と、ペイン付与を得意とする水属性の強力なアタッカー。メインウエポンとなるいざないの剣舞は高火力かつペインで火力が上がるほか、蓄積すれば5回攻撃を連打できるという破格の性能を持つ。ただし2蓄積状態でターン開始時にHPが1でも減っていると強制的に気絶し、蓄積もリセットされてしまうという強烈なデメリットも併せ持つ。使い方を一歩間違えるとまったく活躍できずに戦闘が終わってしまうことも。

もう一つのスキル咎の太刀は敵全体に耐性を無視して確定でペインを付与することができる。自身のいざないの剣舞の強化はもちろん、同時に実装されたペイングラスタの発動役にもなれる。純粋に高火力な全体攻撃としても役に立つだろう。

また、上記のいざないの剣舞とヴァリアブルチャントで腕力と知性のデバフを同時に付与することもできる。攻撃だけではなく防御面でも活躍が期待できるだろう。他にも2回攻撃+水耐性デバフが使いやすい。睡眠もFEARの足止め等に効果的。

欠点としてはまず自身の耐久能力の低さが上げられる。かなり柔らかいので腕力知性デバフを過信しすぎるといとも簡単に戦闘不能になってしまう。

また、火力を出そうとした場合にHPが減ると気絶する・ターン経過ですぐに剥がれるペインが必要という点から、アナザーフォースを使わずに長時間戦うのには向いていない。メインスキル2つの燃費もキツいため、基本的にはアナザーフォースでさっさと敵を倒してしまう方が持ち味を生かせるだろう。

スキル

いざないの剣舞

メインウエポン。敵単体に水斬3回攻撃+ペインで火力UP+腕力知性の累積デバフ+自身に蓄積+蓄積数に応じて攻撃回数とペインで火力UPの効果UPと盛りだくさん。

蓄積は2つまでとなっており、蓄積数に応じてクリティカル率がアップする(倍率は不明)。幸運が高めであるためか、なかなかの確率でクリティカルが発生するが、クリティカルによる2蓄積効果はない。また、蓄積数に応じて攻撃回数が3回→4回→5回と増えていき、2つ蓄積後も自身の攻撃によっては蓄積リセットされないため、以後5回攻撃を連打することができる。ただし2つ蓄積されている時にHPが1でも減った状態でターン開始を迎えると強制的に気絶し、気絶が自然回復した際に蓄積がリセットされる。

対象がペインならダメージおよそ+25%、こちらも蓄積数に応じて+35%、最大で+50%と効果が強力になる。腕力知性のデバフは確定付与で3回まで累積可能で通常通り10%→15%→20%となる。

威力(中)表記だが完全に表記詐欺で、ペインなしでも普通に高火力。ペインありなら凄まじいダメージ効率となり、5回攻撃を連打できるため何ターンか分の合算で考えるとヒスメナにも匹敵するダメージ効率となりうる。

気絶の判定については正確には『戦闘開始時の最大HPを100%』として判定されているため、ASメリナなどで戦闘中に最大HPを増やしてやった場合、現在HPが戦闘開始時の最大HPを超えてさえいれば(HPが黄色の状態なら)、たとえHPが最大でなくとも気絶しない。

気絶の判定タイミングは治癒→毒・ペイン→ASユナのターン終了時回復→気絶となるため、後攻回復以外にも治癒やASユナの回復で回復できれば気絶を回避することができる。もちろん、単体攻撃に対しては挑発でかばってやったり、耐性バフを多重に付与してダメージを0に抑えたりといった方法も有効。気絶耐性バッジや状態異常無効化では防げない。

万が一気絶してしまったとしても、蓄積がリセットされるのは『自身の効果での気絶が自然回復した場合』であるため、状態異常回復スキルで治してやれば蓄積のリセットは回避できる。

長々と書いたが、要はAFで速攻してやるのが1番の回避手段となるのは言うまでもない。ペイングラスタと併せて超火力の5回攻撃連打でやられる前にやるのが基本的な戦い方になるだろう。腕力知性のデバフに関しても、討ち漏らした時の保険として考えたほうが扱いやすい場合が多い。

咎の太刀

水斬全体攻撃+耐性無視の確定ペイン。いざないの剣舞と並べると非常にシンプルな効果だが、こちらも強力。普通に全体攻撃として使う分にもなかなかの火力であり、いざないの剣舞のためのペイン付与ができ、自身はもちろん仲間のペイングラスタ発動も可能。

ペインが強力な環境であるが故の強さではあるが、刀装備であるが故に速度調整もしやすく、他の仲間より先に撃ちやすい。とにかく性能的にも環境的にもよくかみ合ったスキルであり、水パーティだけでなく様々な混成パーティでも活躍が期待できるだろう。

杜若

単体に水斬の2回攻撃+水耐性デバフ。耐性デバフは確定付与ではないものの倍率は高めで、2回攻撃なためゲージを遅らせずに付与でき使いやすい。と言っても耐性デバフは他のキャラでも付与できる。わざわざ高火力かつ攻撃回数の多いニケの1手を無駄にしてまで付与する必要があるのかは考えて採用したい。

睡蓮花

単体に無斬の3回攻撃+睡眠。確定付与ではないがFEARの足止めやMPを温存したい場合の3回攻撃としては悪くない。どうせASスキル2つ以外はあまり使わないのでお好みで。

小夜時雨

単体に斬攻撃+毒。もちろん不確定付与。咎の太刀と併せて毒ペイン両方付与!と考えることもしかしたらいるのかもしれないがさすがに効率が悪い。そもそも水ならペインだけで良い。

ヴァリアブルチャント

敵全体に腕力と知性のデバフ。状況を選ばずに確実に非ダメージを抑えることができる優秀な効果と言えるが、当然物理か魔法のどちらかに特化したものには倍率で劣る。強力なため、ついついかつての通常イスカのように出し入れしたくなるが、本人が高火力かつペイン起動役も兼ねるASニケの場合はこのVCの活用は必要最低限にとどめ、なるべく前に出て殴っていきたいところ。また、本人の耐久性に難があるためこのVCだけで受けに行くのはなかなか危険でもある。

装備

武器

他キャラの顕現武器

能力は発動しないが高ステータス武器として活用できる。他になければ積極的に使っていきたい。

月流影光

高ステータスかつ速度+30とHP低下時ダメージ+30%が非常に強力な異境武器。ペインを他のキャラより先に入れたかったり、最大火力を出したいならこの武器。HPが半分以下でないとダメージUPが発動しないため、HPを減らすと気絶するASニケには相性が悪く思えるが、AFならそんなのは関係ないのでHPを事前に減らして来たり、防具を調整して2蓄積前に(AF前に)HPが半分以下になるようにしてやるといい。オススメ。

翠晶の刀

高ステータスかつ稀にペイン付与+ペイン時ダメージ+15%。普通に使うなら月流影光より使いやすいが、ダメージUPの倍率では劣る。HP調整できない場合はこちらが良いだろう。ペイン付与は言葉通り稀になので、この武器があれば咎の太刀を使わずともペインを付与できる…とは思ってはいけない。

冥鬼の大太刀

これも高ステータスで物理耐性と稀に腕力デバフ付与。VCや累積デバフを活かして防御的に戦いたい場合には効果的だが、そもそもの耐久力が低いASニケでやることかと言われると疑問。

綿津見ノ刀

高ステータスだが能力は持たない。今となっては八妖武器や他キャラの顕現武器などもあるため、わざわざ入手の難しいこの武器を使うことはまずないか。

龍骨ノ刀

そこそこのステータスにサブメンバー時HP回復量UPと物理耐性UP。こちらは特にVCを活用して防御的に戦いたい場合に有効だが、やはりASニケでやることではない気がする。VCはあくまでサブという考え。

桜影

龍骨と同値のステータスに無属性攻撃UPと稀に斬耐性デバフ。無属性のスキルはまず使わないし、斬耐性デバフも低確率低倍率すぎて話にならないため他の武器推奨。

戯刀遊星

少々物足りないステータスに全属性攻撃UPとサブメンバー時HP回復量UP。入手が容易なので上位の武器を入手するまでのつなぎとしては悪くない。

降魔の刀

こちらも低めのステータスに物理耐性UPと稀に速度デバフ。入手が楽とはいえ、速度デバフは無いも同然、物理耐性UPは他にもある、武器自体のステータスも低めと、他装備を差し置いて採用されることはまずない。

防具

螺旋の指輪

最高のステータスに物理耐性UPも持つ強力な防具。耐久力の低いニケには良い防具を持たせたくなる。

銀雪の指輪

螺旋と並ぶ最高のステータスにこちらは全属性耐性。用途に応じて。

修練の指輪

上記2つには劣るが強力なステータスにMPUP。燃費がきつめだがボスは速攻で倒してしまえば気にならない。雑魚戦で全体攻撃要員にする際に、MPが足りないなら。

鍛錬の指輪

こちらも修練と同じステータスでHPUP。これでHPを持っても気絶判定は変わらない。とはいえ弱点である耐久力を盛れるためあと少し耐久力が必要な時に。

魔将の指輪Ⅲ

今となっては少し物足りないステータスで能力もない。が、早くから入手可能で量産もしやすいほうなので代用品として。

ドリームリング

ステータスは低いが速度+20が非常に強力。速度調整が必要な場合に。耐久力が落ちるので死に安くなり気絶回避のための必要回復量も上がるが、逆に月流影光の能力を発動させやすくできるとも考えられる.

降魔の指輪

低めのステータスに状態異常耐性。これを持たせても気絶を防げるはずもなく、敵からの状態異常も気休め程度の防御率。あまり採用したくはない。

バッジ

火力を活かすため腕力がおすすめだが、速度調整のために速度バッジ、耐久力調整のために耐久・精神バッジと割とどれでも似合う。自分にとってのニケの役割を明確にし、それに合ったものを持たせよう。

グラスタ

属性攻撃UP

アタッカーの基本グラスタだが毒ペイングラスタの登場により地位が低下した。毒ペイングラスタはステータスを選べないため、ステータス目当ての場合に。道中全体攻撃の火力がほしい場合にも有効。

クリティカル率UP

実質的には腕力+10速度+10幸運+160。ステータス換算するとすごい感じがするがクリティカルはあくまで運任せ。速度目的で持たせることが多い。

HP最大時ダメージUP

腕力速度+10にダメージ+20%。もともとHP最大を維持したいASニケにとっては条件はあってないようなもの。最大火力では毒ペイングラスタに劣るが、速度がほしい場合や道中全体攻撃の威力もほしいという場合に。

毒・ペイン時ダメージUP

もともとペインを活用するためペイングラスタが非常に高相性。確定付与のため、他の仲間の同グラスタ起動役にもなれる。ASニケを起用する場合は他のAF参加メンバーにも積極的に持たせたい。毒の方は不向き。

全体攻撃習得

咎の太刀が強力なのであまり必要にはならないが、燃費のいい全体攻撃がほしい場合や、ペインを付与しつつ他の属性のZONE中AFに参加させたい場合など、用途を選べば大活躍の可能性がある。速度を盛りたい場合にも。

サブメンバー時HP/MP回復量UP

VC回しをしたい場合や、HPを盛りたい場合に。火力を伸ばしたいところだが、必要なら。

常に治癒

HP全快を維持するために治癒は有効。といっても回復量が低すぎてこれだけではとても維持できず、他に頼るならこれは付けずに火力に振りたい。

セルフヒーリング取得

スキル枠は1つ空きやすい。自力でHP最大に戻れる…ということはなく気絶してしまっていては撃てない。

消費MP減少

燃費がきついがボス戦は速攻で倒してしまえば気になりにくい。雑魚戦で全体攻撃を使う場合で、これがあるとないとで何かが変わる場合に。

耐性UP

現状物理耐性UPのみ。刀は他にもいくらでも物理耐性UPがあるのでわざわざグラスタ枠を1つ使ってつけたいものでもない。どうしてもASニケで耐久したいなら。

デバフ耐性UP

確定で防げるわけではないため、わざわざグラスタ枠を使って持たせたいものではない。MPを盛れるのは貴重だが、ペイングラスタをつける枠を犠牲にしてまで僅かなMPが嬉しいことはそうそうないだろう。

刀の祈り

他のキャラに持たせてニケに刀バフを付与するなら良いが、ニケに持たせて自分で付与するのはあまりにも非効率的だろう。

編成

何度も言うようだがAFでの速攻が非常に強いキャラであるため、ヒスメナやラクレア、ASユナやASマイティなどAF適性の高いキャラと組ませてやるといいだろう。属性は違うが、ペインを活かせるASナギやエルガ、シュゼット、フェルミナとも相性がいい。いずれの場合でも、攻撃メンバーにはペイングラスタを優先して採用してやると良いだろう。

HP最大を維持するためにASユナの自動回復やASメリナ、アナベルあたりも相性は良好。ただし防御的なキャラを増やしすぎるとせっかくの火力を活かしきれなくなってしまうため、必要最低限で組みたい。

アナザーフォースについて

AF適性が非常に高いため積極的に狙っていきたい。開幕AFの場合は初手で咎の太刀、以降はいざないの剣舞連打。2ターン目なら1ターン目に咎の太刀、AFではいざないの剣舞連打。あるいは耐久力が足りない場合は初手VCorいざないの剣舞で、開幕AF同様AFの初手で咎の太刀でも良いだろう。それ以降にAFする場合は気絶してしまわないよう注意しながらVCを活かして下準備期間を過ごすといい。

5回攻撃ではあるが火力が高くモーションも悪くなく、何よりペイン付与という仕事があるためZONE中のAFであっても積極的に採用したい。ペイングラスタを活用することで圧倒的な火力を叩き込めるだろう。かなりダメージが出るので、早いターンでAFできるよう考えたい。

資料

Ver2.2.0にて、メインストーリー第2部中編とともにガチャに実装された。ニケ自身はサービス開始時から星4キャラとして登場しており、1周年で行われた第1回人気投票では星4キャラ内という括りでは1位という人気のあるキャラであり星5化を望む声も多かったが、長らく音沙汰なし。待望のAS化と言えるだろう。ASと言えば雰囲気ががらりと変わるキャラも多い中、ニケの雰囲気によくあった美麗なイラストだと仲の人は思う。

性能としては強豪ひしめく水属性内でも屈指の高火力アタッカーであり、特に同時に実装されたペイングラスタが強力なため評価が高い。もともとの星4VCが強力であったためAS化によってVCが変わってしまったのは悔やまれるが、ASのVCも強力。

アナザースタイルへのクラスチェンジに必要なヤソマガツヒの異節は外伝・断章・異境以外のすべてのVHアナザーダンジョンと現代ガルレア大陸で低確率でドロップする他、幻璃境の詩人やノポウ・カンパニーのツブラの玉交換所で入手可能。

5