お知らせ

★ネタバレ防止について★

現在Ver2.1.10の新キャラについてネタバレ防止を行っていますが、実装から1週間経過したので少しずつ解禁していきます。

1度お目通しくださいよくある質問や意見・用語まとめ 

ホオズキの評価と詳細

2018年10月25日

基礎情報

ホオズキ
属性 天冥 武器 防具 属性耐性 状態耐性
指輪 風30% 10%
星4
星5
アズサミコ
九尾狐
パーソナリティ
東方 弓
Lv80時のステータス
HP
MP
3363
494
腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
196 199 160 183 157 206
天冥ボーナス
5 15 30 50 75
腕力+5 幸運+10 HP+200 知性+15 耐久+15
105 140 175 215 255
腕力+20 幸運+20 HP+400 精神+25 腕力+30
ヴァリアブルチャント
Lv1 ヨーコはん、出番やで~
敵全体に突耐性20%DOWN(1ターン)
Lv2 うふふ♪ 熱ぅしたるよぉ
敵全体に突耐性25%DOWN(1ターン)
Lv3 もっともっと稼がんとなぁ~
敵全体に突耐性30%DOWN(1ターン)
スキル
狐火射
MP 20
敵単体に火属性の突攻撃(小)+火属性耐性15%DOWN(3ターン)
狐炎射
MP 40
敵単体に火属性の突攻撃(大)+火属性耐性20%DOWN(3ターン)
狐焔一閃
MP 52
敵単体に火属性の突攻撃(特大)+火属性耐性25%DOWN(3ターン)
みだれ射ち
MP 15
敵全体に突攻撃(小)
諸刃の呪
MP 34
自身の速度15%DOWN(3ターン)+敵全体に腕力15%DOWN+知性15%DOWN(3ターン)
艶火弾
MP 27
敵全体に火属性の突攻撃(中)
一射絶貫
MP 40
敵単体に突攻撃(大)+物理耐性15%DOWN(3ターン)
翠焔・百火燎乱
MP 59
敵単体に火属性の突攻撃(特大)(敵にかかっているデバフの種類数に応じて威力増加)+敵全体に火属性の突攻撃(中)

特徴

デバフの種類数に応じてパワーアップする特殊なスキルを持つ火属性の高火力アタッカー。自身でも多くのデバフを付与でき、全体攻撃も持つため性能がある程度自己完結している。目玉スキルである百火燎乱はデバフ無しでも既に高火力で、ボス戦では普通に戦っていても2~4個くらいはデバフが入っていくため意識しなくても勝手にパワーアップしていく。

腕力+知性、火耐性、突耐性、物理耐性と自力で5つのデバフが付与できる。これはホオズキにとって必要なデバフをほぼすべてカバーできており、足りないのは全属性耐性と速度くらいのもの。デバッファーとしても立ち回れるため高火力キャラでありながら非常に器用に動ける。

もう1つの特徴として速度が非常に低い。素のステータスで比較すると鈍足組のナギやベルトランよりも少し速いものの、これらのキャラが天冥15ボーナスで速度を獲得することを考慮すると多くの場合でホオズキが星5最遅となる。天ボーナスにも速度は一切無い。これは全体攻撃やデバフを活かすことだけを考えると致命的な短所となるが、最後に行動できるため他の仲間のサポートをすべて受けられたり、高難易度だと敵にも先制されやすいため後攻交替の起点に出来たりと長所として活用することも出来る。また、速度を大きく削っている分、他のステータスが軒並み高めになっている点も見逃せない。

主力スキルのMP消費が重く長期戦では息切れしやすかったり、速度の低さと百火燎乱のエフェクトの長さからアナザーフォース中は行動が遅れやすく、ゲージ量や編成次第では思ったよりダメージが出なかったりと扱いにくい面も目立つため、強力なキャラではあるが取り扱いには注意が必要。

スキル

翠焔・百火燎乱

メインウエポン。単体攻撃と全体攻撃の2回攻撃という珍しい判定をもつ。単体攻撃の方のみ、対象の敵のデバフ種類1つにつき10%のダメージUP。同じデバフを複数かけても意味は無く、デバフはステータスDOWNのものを指し、毒やペインなどの状態異常は含まない。

デバフ無しでも単体特大攻撃としてかなり高めのダメージが出るうえ、ダメージの伸びが良くデバフを2~3個つけただけでもなかなかのダメージUPになる。ただし、ホオズキやパーティにとって意味のないデバフを矢鱈に付与してもしょうがないので、デバフの種類を増やすだけの歪なパーティ構成にするのはやめておこう。腕力、知性、速度、火耐性、突耐性、物理耐性、全属性耐性から2~4個ほど、あとは火属性でパーティを組むと付与しやすい斬耐性あたりを付与するだけで自然に効率よく高火力化できる。

燃費がかなり厳しく長期戦で連発するとあっという間に息切れする。また、エフェクトが長めでアナザーフォース中は遅れが発生する。特に1巡目は邪魔になりやすいためキャラの配置に注意したい。多くの場合微々たる差ではあるが。

狐焔一閃

火+突の特大単体で火耐性デバフ付与。スキル構成的にはサブウエポンとなるが1回攻撃でデバフも不確定と特別強いスキルというわけでもない。火パーティを組むと大抵は火耐性デバフを付与する手段が他にもあるはずなので、火耐性デバフは他に任せてホオズキは他のデバフを担当したり、百火燎乱に専念したりという選択肢もあることを念頭に置いて必要に応じてセットする。

一射絶貫

単体に無属性突攻撃+物理耐性デバフ。物理耐性デバフはそれなりに貴重ではあるが威力も低く不確定のデバフのためにあまり使いたくない。ゲージに余裕があってかつ火力には余裕が無いというレアなケース(異境のヴァレス戦でしばしば発生する)で他の仲間のデバフとの兼ね合いで採用されることがある。

諸刃の呪

自身に速度デバフ+低全体に腕力と知性のデバフ。すべて15%の3ターン。全体に確定で腕力知性のデバフが撒けるのは非常に便利で、百火燎乱を1ターン待ってでも使う価値は大いにある。デバフを2つ付与出来るためこのスキルから百火燎乱につなげるのもモチロン有効。

自身の速度が下がる点はメリットにもデメリットにもなる。普通なら(安定して)後攻が取れない敵相手に無理矢理後攻を取れるようにして後攻交替の起点にする使い方が出来る反面、普通なら速度負けしない敵に後手に回る可能性がある。

また、当然このスキルは被ダメージを抑える役割を持つが、ホオズキの方が速度負けしてしまう場合は敵の攻撃を1度素通ししてしまう事になる。

更に注意点として、このスキルから百火燎乱に繋げる場合に、このスキルのデバフでホオズキの速度が134以下になってしまうとアナザーフォース中の待機時間が少し長くなってしまう。元の速度157のままだとこのスキルで134以下になる為、バッジやグラスタなどで速度を159以上にしておくことで防止できる。さらにエイミなどと組み合わせて速度249を狙う場合もこのスキルを使ってしまうと必要な速度が上がってしまうので注意。

艶火弾

火+突の全体攻撃。消費も威力も属性もセティーのレトロボンバーと完全に同じスキル。速度が速いあちらは非常に重宝されるが、ホオズキは速度が低く高難易度だと雑魚にも抜かれるため少し使いづらい。エイミのVCと組み合わせて使うなど工夫したい。

みだれ射ち

こちらは無属性の全体突攻撃。威力は低いが燃費は良く、速度の低さが気になる点は同様。雑魚戦でMPを使いすぎるとボス戦でMPが足りなくなりやすいため、消費の軽さがありがたいケースはあり得る。

ヴァリアブルチャント

突耐性デバフ。倍率は高めだが流石に範囲が狭いためあまり積極的に使いたいものではない。基本は前に立って百火燎乱砲台になるのが強い。

装備

武器

紅蓮・曼珠沙華

異境武器。毒付与+状態異常強化とアビリティが2つともホオズキには直接関係なく、ステータスの高さをアテに持たせるにしてもわざわざ強化する意味は薄い。

冥鬼の弓

曼珠沙華よりも1だけステータスの高い高性能妖怪武器シリーズ。突耐性デバフ付与は低率とはいえ付与手段の少ない突耐性デバフを攻撃しながらかけられるのは相性としては悪くない。全属性耐性も速度負けして攻撃を貰うことが多い事を考えると無駄になりにくく、曼珠沙華より明確に使いやすい。

リル・ボウ

リルシリーズの弓。異境武器と同値の高ステータスだが特にアビリティは持たない。弓は他のリル武器に比べるとかなり作りやすく、異境武器があまり強くないためリル武器の価値が相対的に高いと言える。

桜雲

東方シリーズの弓でステータスは高め。全属性攻撃UPは言わずもがな相性が良く、上位武器のアビリティがそこまで魅力的でないため最終装備候補。無属性攻撃をあまり使わないのでデメリットはほぼ無い。ペイン付与はあまり関係ないか。

ロリポップシュート

ステータスが少し低めなトトシリーズの弓。火力はかなり落ちてしまうがHP1000UPと物理耐性UPで耐久力を大きく強化できる。速度の低さをと諸刃の呪を活かしてタンクのような動きが出来るようになる。

降魔の弓

トトシリーズと同じステータスを持つ降魔シリーズの弓。これも上位武器と比べると火力がかなり落ちてしまう。腕力デバフは低確率な上に自前のスキルで確定で付与出来るため魅力に欠け、治療も耐久力が欲しいならロリポップシュートでも良い。弱い武器というわけではないが最終的にはあまり使わないか。

アダマスの弓

属性攻撃強化と相性が抜群に良い。百火燎乱の威力強化に加えて弓では貴重なMP回復量UPも消費の重いホオズキにはありがたい。ここに書くようなことでもないが見た目も専用武器かというくらい似合う。持っているならぜひ装備したい。

防具

ドリームリングの取り合いに注意。

銀雪の指輪

非常に高いステータスに全属性耐性も持つ最終装備候補筆頭。特に理由が無ければとりあえず持たせたいという性能だが、1点物で取り合いが発生しやすい。ホオズキは少し硬めなので他に回すのもありか。

修練の指輪

最高クラスのステータスにMPUPまで持った東方の高性能防具。百火燎乱でMPが枯渇しやすいためあるとありがたいが焼け石に水とも言う。

鍛錬の指輪

同じく東方シリーズの指輪でこちらはHPUP。耐久が必要ならこちら。

魔将の指輪Ⅲ

魔獣城VH防具。アビリティはないが高ステータスで、キーは使うものの東方防具よりは量産しやすい為繋ぎ・あるいは不足分に。

ドリームリング

トトシリーズの指輪。速度UPの非常に優秀な防具だが、ホオズキは鈍足すぎてこれだけ持たせても中途半端な速度にしかならない。バッジやグラスタと合わせて大きく速くするか、そうでないなら明確に誰を抜くか目的を持って装備させたい。大きく速くする場合は速度30%バフで249になる192を目安のひとつにすると良い。

降魔の指輪

こちらは降魔シリーズ。強化は楽な部類だが状態異常耐性UPは本当に効果が発揮されているのか怪しいレベルで効果が実感しづらい。他の指輪の方が良いか。

バッジ

基本は高火力を活かすため腕力バッジが無難。攻撃は最大の防御。速度バッジは必要に応じて。

グラスタ

グラスタの実装により、ホオズキ実装当初よりも速度の自由がききやすくなった。

火属性攻撃UP

アタッカーの基本グラスタ。高火力なので優先的につけたい。速度がついたものは下手に持たせると中途半端な速度になるため速度乱数による行動順逆転に注意。

HP最大時ダメージUP

高火力アタッカーにつけたいグラスタだが足が遅くて活かしづらい。速度+10が大きいので速度調整に使える。

クリティカル率UP

百火燎乱1発目の威力が高いためクリティカルの恩恵は高いが、所詮は運任せなので属性攻撃UPを持たせた方が丸いかも。こちらも速度+10目的での採用を検討。

サブメンバー時HP/MP回復量UP

耐久力稼ぎと息切れからの復帰加速に。タンク役にする場合特に重要。

編成

有効なデバフを確定で2つずつ撒けるユナと相性が非常に良い。ホオズキはバフを1つも持たないがそちらもカバーできる。他にはVCでデバフを2つ付与できるキャラも良いだろう。セティーやクロードあたりが該当する。

火属性パーティのアタッカーとして採用されることが多く、同じく火属性パーティ定番のアタッカーであるシオンやレンリとも普通に組み合わせられる。この場合はシオンの紅天狗やレンリのフレイムレイジがありがたい。

百火燎乱の項でも触れたとおり、デバフの種類数に拘りすぎて無理に歪なパーティや立ち回りを組むのは逆効果になりやすい。火や突で無難にまとめるのが良いだろう。

行先とホオズキの役割次第では速度をコントロールできる仲間が必要になる。先に上げたセティーやクロードに加え、エイミも採用しやすい。

自力でデバフを大量に付与でき火力も出せるが、ホオズキ1人にあれもこれもやらせると技枠も足らずターンもかかりMPも切れやすいため、パーティ全体で分担して自然にデバフを付与できるようにしたい。

資料

Ver1.8.6、蘇る魔性 翻る剣先で実装されたキャラクター。火属性には待望の高火力アタッカーであるが、火力を出すために下準備が必要だったり、アナザーフォースで遅れやすい性質から落ち着いた評価となっている。

ケモミミ+尻尾に百火燎乱の派手なエフェクト等気合の入ったSDに、見た目もさることながら京都弁チックなしゃべり方やキャラクエの内容など、インパクトが大きいキャラクターとなっている。

東方出身のキャラクターということで、東方が舞台となる第2部でも少しばかりの出番があり、プレイヤーを楽しませてくれる。

鈍足+天ボーナスにも速度無しという徹底した最遅仕様。後攻交替をこよなく愛するプレイヤーはどうせならアビリティボードの速度を1つ2つ取らないでおくのもアリかもしれない。また、天ボーナスの前半(5~75)と後半(105~255)で上昇するステータスにズレがある初のキャラクターとなる。

星5クラスへのクラスチェンジに必要な九尾狐の書は魔獣城VHでドロップ。冥報酬のダンジョンなので人によっては難儀する。