お知らせ

1度お目通しくださいよくある質問や意見・用語まとめ 

シグレの評価と詳細

2019年1月1日

基礎情報

シグレ
属性 天冥 武器 防具 属性耐性 状態耐性
指輪 火30% 10%
星4
星5
ケンゴウ
ワタツミ
パーソナリティ
ねこ好き 東方 刀
Lv80時のステータス
HP
MP
3563
494
腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
211 182 204 137 211 171
天冥ボーナス
5 15 30 50 75
幸運+15
105 140 175 215 255
ヴァリアブルチャント
Lv1 傾奇者、出陣いたす!
味方全体に腕力10%UP+物理耐性10%UP(1ターン)
Lv2 花よ! 嵐よ! いざ参らん!
味方全体に腕力20%UP+物理耐性20%UP(1ターン)
Lv3 我が剣の舞い、とくと見よ!
味方全体に腕力30%UP+物理耐性30%UP(1ターン)
スキル
普賢一刀流・煌
MP 18
敵単体に斬攻撃(小)+腕力15%DOWN(3ターン)
普賢一刀流・雹
MP 38
敵単体に斬攻撃(大)+腕力20%DOWN(3ターン)
普賢一刀流・虎
MP 55
敵単体に斬攻撃(特大)+腕力25%DOWN(3ターン)+自身にクリティカル率UPを付与(1回行動)
水面斬り
MP 12
敵単体に水属性の斬攻撃(小)
十六夜
MP 12
敵単体に斬攻撃(小)+ペインを付与
紅葉の打ち
MP 30
敵単体に水属性の斬攻撃(中)+水属性耐性20%DOWN(3ターン)
蒼夜叉
MP 29
敵全体に水属性の斬攻撃2回(中)+知性15%DOWN(3ターン)
麒麟烈襲斬
MP 47
敵単体に水属性の斬攻撃3回(特大)+HP最大時ダメージUP

特徴

同じ普賢一刀流の使い手であるシオン同様、属性3回攻撃をメインウエポンに持つ。アナザーフォースを活用する場合に非常に強力である他、シオンと違い燃費の良い全体攻撃も習得する。水属性付きで威力は申し分なく、2回攻撃なので雑魚敵を散らしつつのゲージ回収にも向いている。

ヴァリアブルチャントで腕力バフ+物理耐性バフ、スキルで腕力デバフ、知性デバフ、水耐性デバフと多彩なサポート手段も併せ持つ。メインアタッカーを務められる性能でありながら1人で腕力デバフと知性デバフを両方付与できるのはシグレの大きなアドバンテージとなる。ボス戦の火力役・雑魚戦の全体攻撃役・そしてサポート役を状況に応じて切り替えながら戦っていける。自身のスキル内でバフデバフの重複が全く無いのは意外とめずらしい。

反面、攻撃面ではHP最大を維持して高火力を出していきたいものの、防御面では各種バフデバフを活用してダメージを受ける戦い方をすることになるのが若干噛み合わない。回復スキルは持たない為HP最大を維持する/に戻すには仲間のサポートなど工夫が要るだろう。幸いHPが減っていても一般的な3回攻撃と同水準の火力が出る為、無理して最大を維持する必要は無い他、水属性にはASメリナという攻撃しながら回復してくれる優秀な相方がいる為、うまく組み合わせたい。

その他、知性デバフは倍率が低めなので強敵相手には心許ない。デバフ付与が攻撃スキルばかりで確定で付与できないのも注意が必要。

スキル

麒麟烈襲斬

メインウエポン。水・斬の3回攻撃+HP最大でダメージおよそ20%UP。この手のスキルにありがちな、条件を満たしていないと弱くて満たしているとちょっと強くなる…ということは無く、ダメージを受けている状態でもシオンの鳳凰飛翔斬と同等の威力を発揮してくれる。

HP最大時ダメージUPを活かすためには開幕で敵を倒すか、そうでないなら別途回復手段が必要になるだろう。通常の回復スキルはモチロン、治療とも相性が良い。開幕以外のアナザーフォースでこの効果を発動させたいのならASメリナとの組み合わせもオススメ。

普賢一刀流・虎

斬攻撃+腕力デバフ+自身の次回攻撃クリティカル確定。攻撃スキルなのでデバフは付与されないこともある点は大いに注意。クリティカルバフは一見すると強力そうに見えるが、威力の高い3回攻撃を持つシグレの場合は多くの場面で麒麟烈襲斬を連打していた方がゲージ的にも強力なので、このスキルを使う場面はかなり限られてくる。

  • (シグレで戦うことはあまりないだろうが)水耐性を持つ敵や水攻撃に迎撃を行う敵に対しての無属性攻撃として使用。
  • (確定ではないが)どうしてもシグレで腕力デバフを付与する必要がある際に使用。
  • ゲージに余裕がある場合にアナザーフォース直前ターンの火力補強攻撃手段として使用。
  • そもそもアナザーフォースを使わない場合の攻撃手段として使用。

このくらいか。ただ単に与ダメージを補強したいのならそもそも自身にしか効果が無い上バフなどなくても自然に発生する可能性のあるクリティカルバフより、ヴァリアブルチャントで腕力バフを付与したり、水耐性デバフを付与するなどした方が汎用性は高い。

腕力デバフとしても確定でない為信頼性に欠け、ミスしても良い場面ならそもそも腕力デバフが必要ない事が多い。よく考えて採用しよう。

普賢一刀流・雹

上記の虎の消費を減らして腕力デバフの倍率を下げてクリティカルバフが無くなったスキル。育成途中でもなければあまり使わないだろうが、所持キャラの都合等でシグレを腕力デバッファーとして使用する場合はコチラの方が連打しやすいかもしれない。

蒼夜叉

水・斬の全体2回攻撃+知性デバフ。燃費が非常によく、雑魚を倒しつつゲージを稼げる便利なスキル。水パーティに採用する場合は他にも全体攻撃が豊富にある為使用するかは要相談。斬パーティの場合は全体攻撃が不足しやすい為かなり重要なスキルになる。

知性デバフも付いているが確定でない上に倍率が低い。スキル自体が強力であるため仕方がないとは言え、なるべくこの知性デバフに頼らなくても良いパーティ編成にしたい。

紅葉の打ち

単体水・斬攻撃+水耐性デバフ。与ダメージだけ考えるなら普賢一刀流・虎によるクリティカルバフよりもこちらでデバフを付与出来た方が良いが、3回攻撃を1ターン切ってまで1回攻撃のこのスキルで水耐性デバフを付与する必要があるかはよく考えて使いたい。シェイネと組む場合も多く、その場合シェイネで事足りるだろう。無理に全部をシグレにやらせる必要は無い。

ヴァリアブルチャント

腕力バフ+物理耐性バフ。アルドと同じもの。物理キャラの与ダメージを伸ばしつつ自分たちが敵から受ける物理ダメージを軽減出来、高い汎用性を持つ。ただしこれを使う場合は3回攻撃の手を止めることになるので考えなしに使うのは控えたい。結局のところ、多くの敵はゲージを溜めてアナザーフォースで倒すのが有効だ。

装備

武器

刀キャラは人数が多く武器の取り合いが発生しやすい為装備し忘れに注意。

月流影光

刀キャラ定番の最終装備候補筆頭だが、シグレの場合は若干微妙なところ。HP半減でダメージUPの効果が麒麟烈襲斬のHP最大時ダメージUPと相反してしまう。この点を『両方を同時に発動できないのでダメ』と捉えるか、『どちらかが発動してくれるため気軽にダメージを受けられる』と考えるかで評価が変わってくるだろう。

速度UPのほうは言わずもがな優秀。もともと遅いわけではないが、2部の速い敵に対応したり、アナザーフォース参加適性の高いシグレは速度バフ無しで速度249に出来ることにも価値があるだろう(速度が249あるとアナザーフォース最初の待機時間が大幅に短縮される仕様の為)。とは言えこれだけでは届かないが。

冥鬼の大太刀

月流影光と並ぶステータスに加えて防御的なアビリティを2つ持つ刀。確率は高くないが蒼夜叉で腕力と知性両方のデバフを一度に撒くなど面白い動きができる。単純に高性能な刀として使う場合が多いか。

綿津見ノ刀

リルシリーズの刀。高ステータスだが特にアビリティは持たない。武器強化は今でもハードルが高く、強化までの繋ぎにリルシリーズを使うことが多いが、刀は素材の入手難易度が非常に高い。釣りをこんなに頑張る気力があれば異境武器をとりあえず作るくらいは出来そうなのが難点。

桜影

東方シリーズの刀でステータスは異境武器よりは少し劣るものの高め。無属性攻撃UPの効果は無属性攻撃である普賢一刀流・虎をあまり使わない場合が多い為活かしづらいが、斬耐性デバフの方はシグレが自力では付与出来ないデバフである為、必要なら装備する価値はある。

戯刀遊星

ステータスは低いが便利なアビリティを持つトトシリーズの刀。+10まで強化出来れば月流影光のHP低下時ダメージUPが発動していない状態よりも属性攻撃の威力は若干高くなる。サブメンバー時HP回復量UPの効果もダメージを受けた後HP最大に復帰させるのに役に立つ。無属性攻撃をあまり使わないシグレには割と相性が良い。

降魔の刀

トトシリーズと同じステータスを持つ降魔シリーズの刀。速度デバフ付与は2部の速い敵に対して蒼夜叉でばら撒けたら便利だが、そもそもシグレがそのままでは先手を取れない。物理耐性UPは汎用性が高く悪くないが、せっかくのシグレの攻撃性能を落としてまで持たせたい武器ではないかもしれない。

アダマスの刀

どちらの強化をした場合も強力。戯刀遊星よりもダメージの出る属性刀として使うもよし、単純に最大ステータスの刀として使うもよし。1点物の中でも特に他のキャラと取り合いになりやすい。

防具

こちらもドリームリングの取り合いに注意。

銀雪の指輪

非常に高いステータスに全属性耐性も持つ最終装備候補筆頭。特に理由が無ければとりあえず持たせたいという性能だが、1点物で取り合いが発生しやすい。

修練の指輪

最高クラスのステータスにMPUPまで持った東方の高性能防具。もともとMPは高めだが雑魚戦での全体攻撃にボス戦での3回攻撃連打で過労死することは考えられるので、必要に応じて用意したい。

鍛錬の指輪

同じく東方シリーズの指輪でこちらはHPUP。あとちょっと耐久が足りないシビアな場面で役に立つ。量産は気長に取り組もう。

魔将の指輪Ⅲ

魔獣城VH防具。アビリティはないが高ステータスで、キーは使うものの東方防具よりは量産しやすい為繋ぎ・あるいは不足分に。

ドリームリング

トトシリーズの指輪。ステータスは低めだが速度UPのアビリティは非常に優秀。月流影光やバッジ・グラスタと組み合わせることで速度バフ無しで速度249に到達可能。星5に速度バフを持つキャラがいない水属性としては重要なところだろう。その他速度調整に大活躍するが1点物で取り合いが非常に激しい。

降魔の指輪

こちらは降魔シリーズ。強化は楽な部類だが状態異常耐性UPは本当に効果が発揮されているのか怪しいレベルで効果が実感しづらい。他の指輪の方が良いか。

バッジ

基本は3回攻撃を活かすため腕力バッジで良いだろう。必要に応じて速度バッジを検討。

グラスタ

水属性攻撃UP

アタッカーの基本グラスタ。腕力・速度優先で持たせたい。

HP最大時ダメージUP

麒麟烈襲斬と効果が被る為お手軽強化。雑魚処理の全体攻撃も強化できて強力。素材と猫絵馬はお手軽ではないが…。

サブメンバー時HP回復量UP

ダメージ被弾後にHP最大に素早く戻すために。

編成

水属性と言うことでまずはシェイネと相性が良い。グラムールセイズが1回攻撃でゲージが遅れがちなシェイネの欠点もカバーできる。水の物理としてはASラクレアとも相性が良いだろう。シグレは物理系の耐性デバフを持たない為刻印とデバフで重複することもない。もちろん通常ラクレアやASマイティと組んで爆速でゲージを稼ぐのも単純に強力。

HP最大を維持するための相方としてASメリナとの相性も良い。治療での回復はもちろん、攻撃しながら回復してくれる為ASメリナをアナザーフォースに参加させればアナザーフォース中にシグレのHPを全回復させられる。ダメージを受けていても十分に高火力なので無理に狙うことでも無いが、HP最大時ダメージUPのグラスタを多く持ったパーティの場合重要性が増す。

斬パーティを組む場合にも3回攻撃&全体攻撃持ちとして優先してパーティに採用できるだろう。シオン(ASも)、アザミ、エルガ、サイラス辺りと組めば凄まじい攻撃回数となる。

ただ、無理に他のキャラとの組み合わせを考えずとも単体で十分に強くて器用なキャラである為、敵の弱点や耐性と相談して様々なパーティに編成できるポテンシャルを秘めているだろう。

資料

初期から実装されているシオンと同じ普賢一刀流を修めた東方の侍。初登場はリアルイベントのコラボカフェ。その後シオンのアナザースタイルのキャラクエストでゲーム内での初登場を果たした。

仲間として登場したのはVer2.0の追加アップデートから。昨年のアナザースタイルマイティに続き、大晦日は2年連続で水属性のキャラが追加される形となった。

スキルの構成等かなりシオンを意識した内容になっており、彼と同じく3回攻撃を活かして多くのダンジョンでの活躍が期待される…が、水属性はシグレレベルのスペックがあっても普通にスタメン落ちすることもある魔境であり、アナザースタイルマイティが強すぎるために水物理パーティで固めるメリットもあまりない為、今のところはスペックの割に目立った活躍の場は無く、普通に強い水キャラといった印象。

水・斬で全体攻撃持ちと言うことで実装時点での最新高難易度ダンジョンである現代ガルレア大陸への攻略適正度が高い。水で朱雀、斬でミズチの本体、普賢一刀流・虎の腕力デバフでからくり侍と、すべてのボスに有利が取れる。

星5クラスへのクラスチェンジに必要なワタツミの書はミグランス城のVHでドロップする。これもシオンのカグツチの書と同じ場所。

シオンは青龍、シグレは白虎、ツキハには朱雀がデザインされている為、今後東方の刀キャラで玄武がデザインされたキャラクターが登場すると予想されている。