お知らせ

★ネタバレ防止について★

ゲーム内お知らせに載っていない加入キャラに関しては実装から1ヶ月を目途にネタバレ解禁をします。

★記事作成後にゲーム側で修正されたものに関して★

更新が追い付かず、反映されていないものも多いです。当ブログに問い合わせる前に、ゲーム内のお知らせを確認してください。

1度お目通しくださいよくある質問や意見・用語まとめ 

デュナリスの評価と詳細

2019年5月17日

基礎情報

デュナリス
属性 天冥 武器 防具 属性耐性 状態耐性
指輪 地30% 10%
星4
星5
アンダーテイカー
ソウルブリンガー
パーソナリティ
魔獣 杖
Lv80時のステータス
HP
MP
3384
575
腕力 耐久 幸運 知性 速度 精神
135 198 141 211 226 200
天冥ボーナス
5 15 30 50 75
HP+100? 知性+10 MP+40 速度+15
105 140 175 215 255
HP+300 知性+25? MP+80? 速度+30?
ヴァリアブルチャント
Lv1 翼持つ者の加護を……!
敵全体に知性10%DOWN(1ターン)+味方全体に状態異常回復
Lv2 彼らの鎌から、守らなきゃね
敵全体に知性15%DOWN(1ターン)+味方全体に状態異常回復
Lv3 僕たちの業……果たしてみせよう!
敵全体に知性20%DOWN(1ターン)+味方全体に状態異常回復
スキル
キュアソウル
MP 25
味方全体に回復(小)+クリティカル率50%UP(1回行動)
ヒールソウル
MP 36
味方全体に回復(中)+クリティカル率70%UP(1回行動)
ブレスソウル
MP 60
味方全体に回復(大)+クリティカル率100%UP(1回行動)
ストレンジガスト
MP 20
敵全体に腕力15%DOWN(3ターン)+味方全体に状態異常回復
タービュランス
MP 23
敵全体に風属性の魔法攻撃(小)+味方全体に速度50%UP(1ターン)
ブリーズエミッター
MP 20
味方全体に風属性攻撃30%UP+治癒(中)を付与(3ターン)
マジック・クローク
MP 40
味方全体に全属性耐性30%UP+自身に魔法攻撃を受けた際に味方全体に回復(中)を発動する(5ターン)
トゥールビヨン
MP 37
敵単体に風属性の斬攻撃3回(大)

特徴

風属性のサポートアタッカー。無駄なスキルが1つもない洗練されたスキル構成により、攻めて良し、守って良し、アナザーフォースでも強い、アナザーフォースしなくても強いと、現状のアナザーエデンで採れ得るあらゆる戦術にマッチする。通常、この手のキャラは器用貧乏に陥りやすいが、デュナリスの場合はまさに何をやらせても強いといった調整になっており、属性すら問わず様々なシチュエーションでの活躍が期待できる。

まずはアナザーフォースで攻める場合のスキルとして、属性3回攻撃に加えてアナザーフォースにおいて非常に有用なバフ2種を持つ。タービュランスによる+50%もの高倍率速度バフによりパーティ全員の待機時間を大きく短縮、風属性攻撃バフも持つため特に風弱点の敵に対して風属性で統一したパーティの火力を大きく引き上げることが出来る。3回攻撃の威力は他のキャラの3回攻撃と比較すると少々控えめだが、これら有用なバフの存在によりアナザーフォース適正が非常に高い。

次にアナザーフォースを使わない場合の攻めのスキルとして、ブレスソウルによる驚異の連発可能100%クリティカルバフが挙げられる。弱点を突いたり、ASナギや両シュゼットなどクリティカルバフと相性の良い仲間と組み合わせることでアナザーフォースを使わずとも短いターンでかなり高い打点を出すことが出来る。特にアナザーダンジョンVHや異境でその強さを発揮してくれるだろう。

守りのスキルも充実。ヴァリアブルチャントによる知性デバフ、そしてスキルでの腕力デバフを持ち物理・魔法どちらにも対応でき、これらに状態異常回復まで付いてくる。マジック・クロークも非常に強力で、5ターンもの間全属性耐性とデュナリス自身が魔法攻撃を受けた場合に味方全体を回復する迎撃状態を付与することが出来る。ブレスソウルもクリティカルバフばかりが目立つが普通に回復スキルとして扱え、攻防一体のスキルとなっている。

タービュランスでの雑魚狩り補助も便利で、ダメージを与えつつ速度を大きく伸ばすことができ、素早い雑魚敵への解答になる。ほんとうに何をやらせても強く、目立った欠点こそないがスキルは3つまでしか持たせられないため、しっかりと役割を考えてスキル3つを選ばないと本当の意味での活躍はさせ辛い。デュナリスになにをやらせるのが1番強いのかをパーティ全体で検討する必要があるだろう。

また、速度は高めではあるがあらゆる星5キャラに行動順を安定させる場合は強化したアセト・ヴィータや、速度+10の上位グラスタを用意したいところ。デュナリス自身の火力はそう高くはなく周りのキャラを引き立てるタイプのキャラなので、デュナリスの性能をフルに発揮させたいのなら、装備や周りのキャラの状態にも気を配って構築する必要があるだろう。

スキル

運用によって持たせるスキルが変わってくるので付け替え忘れに注意。

トゥールビヨン

単体に風・斬の3回攻撃。表記はされていないが威力は知性依存なので知性バフ/デバフの影響を受ける。魔法使いの攻撃スキルでありながら斬属性を持つので斬耐性や物理耐性デバフでダメージが伸ばせる。あくまで知性依存の物理攻撃であるため、ASシェイネのクリティカル威力UPバフでダメージがUPし、魔法会心のグラスタを持たせなくても普通にクリティカルが発生する。幸運が低いため普段はあまりクリティカルしないが、ブレスソウルで確定クリティカルさせられる。

ダメージは(大)表記で、最近の他のキャラの属性特大3回攻撃と比べると若干物足りないものの十分実用レベルのダメージは出るうえ、モーションも速く扱いやすい。

ゲージ稼ぎはモチロン、自身の速度の高さ+装備での速度上昇の豊富さ+タービュランスとブリーズエミッタ―の存在によりAF適性はとても高い。強豪だらけの風属性内でも他のキャラを押しのけてAF最大火力メンバーに入れるレベルなので、このスキルの重要度は高い。

ちなみにAF中は基本的にはクリティカルバフよりもこちらを連打する方が圧倒的にダメージが高いので使い方を間違えないようにしよう。

ブレスソウル

目玉スキル。味方全体に回復+クリティカル率+100%(1回)。クリティカル率バフは攻撃行動でのみ消費され、交替や非攻撃スキルの使用では消費されずキープしておける。AF中であっても同じで攻撃を1回しただけで解除される。効果があるのは物理攻撃だけで、たとえ魔法会心のグラスタを持たせていても魔法攻撃は確定クリティカルにはできない。

HPの回復量自体はマリエル辺りと比べると少々物足りないが、やはりそのクリティカルバフが強力。ASイスカが数ターンかけて蓄積してようやく付与していた100%のクリティカルバフを1ターン目から連発できる。これだけでもその異常性が窺えるだろう。普通に使ってもパーティの与ダメージを大きく引き上げることが出来るが、ASナギやASシェイネ、両シュゼットやASルイナなど蓄積加速や元のダメージが大きいなどの理由でクリティカルと相性の良いキャラと組み合わせて使うことで、AFに頼らずとも短いターンで大ダメージを叩き込むことが出来る。これらのキャラは最後まで蓄積し切らなくても2ターン目解放で非常に高いダメージが出せることはデュナリスを使う上で覚えておきたい。

HPを回復しながらバフを撒くので、HP最大時強化のグラスタやイルルゥ、シグレとも相性が良い。逆に、HP50%以下時ダメージUPはほとんど機能しなくなる。消費MPが大きいので雑魚戦で使うのには向いていない他、耐久時に普通に回復スキルとして使うのもかなりキツイ。消費の重さをカバーする為にも、相性の良い高火力ASキャラと組み合わせて使うなど『どう耐えるか』よりも『どう倒すか』を念頭に立ち回りたい。

攻撃しないスキルである上、デュナリス自身が属性3回攻撃を持っている都合上、いかにクリティカルと相性の良いキャラが揃っていようともAF中にこのスキルを連打するのはダメージ効率が悪い。AS勢の蓄積解放のタイミングに合わせる場合や、3回攻撃の場合と他のキャラの攻撃回数が変わらない場合などピンポイントで使うことはあるが、基本的には3回攻撃を連打する方が強い。

タービュランス

全体に風属性の魔法攻撃+味方全体に速度50%UP。50%という異常な高倍率バフが非常に強力で、雑魚戦では全体攻撃をしつつ後続の味方の速度を引き上げられ、2部以降の素早い敵に対応可能。デュナリス自身が充分に速いのも○。

ボス戦でも行動順操作はモチロン、パーティ全員のAF中の待機時間を大きく短縮でき、ただの速度バフでありながら大幅な火力UPに繋げることが出来る。50%も上がるとほとんどの星5キャラは速度300前後になる。短縮効果のある297や346あたりを狙えるように調整してやると良いだろう。もちろんもっと上を目指しても良い。

AF中にこのバフを付与する場合、速度249による1回目の待機時間短縮は攻撃前に速度が249になっていないと適用されない点に注意。バフ無しで速度249に届かないキャラはデュナリスより下に配置すると良いだろう。

ただ、普通の全体攻撃として見る場合は少々威力が控えめではある。速度バフを活かす方向で構築したい。考えようによってはデュナリスのような何でもできるキャラが全体攻撃まで持っているということ自体が重要でもある。

ブリーズエミッタ―

味方全体に風攻撃バフと治癒。非攻撃スキルではあるがバフの倍率が高く優秀。風弱点の敵に対して風属性の攻撃回数多めキャラで統一したパーティでAFする場合はたとえAF中に使うことになってでもこのスキルを付与した方が総ダメージがUPする。物理攻撃キャラの方が圧倒的に多く、杖キャラを採用すると物理・魔法混成になってしまいがちな中で物理・魔法を問わずまとめて強化できるのも魅力的。ただ、単に火力UPであればブレスソウルもあるのであらゆる場面で律儀に使うものではない。必要に応じて。

治癒も付与されるので、このスキルもブレスソウルと同じく攻防一体のスキルと言える。併用するとより効果的。

マジック・クローク

味方全体に全属性耐性バフ+自身が魔法攻撃を受けると味方全体を回復する迎撃状態。どちらの効果も5ターンと非常に長持ちするのが最大の特徴。デュナリスで耐久する場合には非常に重要なスキルとなる。

純粋に全属性耐性バフ5ターンだけでも十分に強力ではあるが、やはり迎撃を活かせるよう全体魔法攻撃を多用してくる敵に対して使うのが効果的だろう。回復スキルとして考えると回復量は若干物足りないが、実戦での感覚的には治癒のように使えるので追加の回復手段として考えれば破格の回復量。

火力面のサポートが非常に強いデュナリスは耐久するよりブレスソウルやAFでさっさと倒した方が早い場面も多く、迎撃がうまく機能する敵と全く使い物にならない敵とで印象もかなり変わるスキルなので、デュナリスのスキルの中では相手を選ぶ方。

ストレンジガスト

敵全体に腕力デバフ+味方全体の状態異常回復。デバフの効果量は低めだが確定で付与でき、ついでに状態異常も回復できる。非常に扱いやすい。必要に応じてセット。

ヴァリアブルチャント

敵全体に知性デバフ+味方全体の状態異常回復。上記のストレンジガストの知性版。敵の行動に合わせて使い分ければ物理・魔法どちらにも対応できる。VCゆえにスキル枠を食わずに採用できるのがありがたいが、前に立ってブレスソウルを連発していた方が強いということもあるので立ち回りはよく考えたい。

装備

武器

レーヴ・エテルネル、冥府の杖

能力は発動しないが高ステータス武器として。他の武器が無い場合に。

アセト・ヴィータ

基本的に誰よりも速く動きたい場合が多いので速度+30はかなりありがたい。元の速度が高い方とはいえ、2部以降の速い敵や他の星5キャラより確定で先に動けるようにするには速度の強化は重要となる。他に火力が上がる武器もないのでAFで使う場合もベストな武器となるだろう。

グラティ・アイギス

物理耐性バフと状態異常耐性UP。デュナリス単体では物理耐性バフを付与できないので悪くないが、状態異常耐性UPはほとんど当てにならない。魔法使いの中では硬い方なので無理に耐久力を高めたい場面もそうないか。アセト・ヴィータでの速度強化の必要が無く、尚且つデュナリスの物理耐久が不安な場合に適しているが耐久目的なら降魔の杖もあるのでわざわざ強化してまで持たせたいかと言われると…。

冥鬼の錫杖

無属性の攻撃スキルが無いため持たせる意味はあまりない。一応、高ステータスで物理耐性UPを持つのでグラティ・アイギスの代わりとして使えなくもない。

リル・スタッフ

高ステータスだが能力が無い。火力重視でパーティを編成する場合であれば、杖の上位武器はアセト・ヴィータ以外能力無しも同然なのであまり差が無く、そういう意味では釣り武器の中では使える方か。とはいえ入手のハードルが高くこれを手に入れられる頃には他の武器もあるだろう。

浄幣

速度+10。数値的には小さな強化だが、アセト・ヴィータよりも格段に用意しやすいので代用品として活用できる。状態異常耐性UPは相変わらず空気。

ドリームスタッフ

全属性耐性UPと治癒。どちらもデュナリス自身がスキルで付与出来るものであるため重要性は低いか。

降魔の杖

HP+1000とHP回復量UP。耐久力を大きく向上させられる。上位武器に比べれば強化も楽で、耐久重視であれば真っ先に候補に挙がる。ステータスが低いため火力や回復スキルの回復量は大きく下がる。耐久力が必要ない場合には他の武器を持たせたい。

防具

銀雪の指輪

最高のステータスと全属性耐性をもつ強力な防具。よく同時採用されるキャラで指輪装備なのはアザミあたり。お好きな方に。

修練の指輪

MPUPと高ステータス。ブレスソウルを連発するとMP消費が重いが、さすがにMPが切れるまで連発することはあまりないだろう。必要に応じて。

鍛錬の指輪

こちらはHPUPと高ステータス。これも必要なら。

魔将の指輪Ⅲ

そこそこ高いステータスだが能力無し。作りやすいので代用品に。

ドリームリング

ステータスは低めだが速度+20が強力。速度乱数による他のキャラとの行動順狂いを防ぐ目的での運用が多いか。アセト・ヴィータとセット運用も効果的だし、アセト・ヴィータが無い場合の単体運用も十分強力。耐久が落ちるので予想外の即死に注意。

降魔の指輪

状態異常耐性UP。効果がほぼ無い上にステータスも低いので他の防具を入手したらあまり使わない。

バッジ

行動順やAF時の速度を意識しての速度バッジか、自身の火力や回復量の不足を補うために知性バッジが基本。耐久面は他で何とかしたい。

グラスタ

風属性攻撃UP

属性全体攻撃持ちで、AFでも強いキャラなので属性攻撃を高めることは効果的。ステータスは速度がとにかく使いやすい。杖なので上位の烈風の力も速度を上昇させられる。耐久向けの運用なら必要ないかも。

無属性攻撃UP

無属性の攻撃スキルを持たないのでつける意味はほぼ無い。

HP最大時ダメージUP

全体攻撃、開幕AFと相性が良いため持たせる意味は大きい。速度+10も好相性。ブレスソウルでHPを回復しながら火力UPを図れるため、他の仲間にも持たせておきたい。

魔法クリティカル率UP

実質的には知性+10速度+10幸運+160。メインウエポンとなるトゥールビヨンはこのグラスタを持たせなくてもクリティカルするが、知性速度+10が美味しくAF中のクリティカル率を高められるのも魅力的なので優先して持たせたいグラスタの1つとなる。

ブレスソウルのおかげで他のキャラも確定クリティカルになるのでデュナリスがいる場合は他のキャラの会心グラスタは必要ないと思いがちだが、会心グラスタを付けない場合の候補となであろう中位の属性攻撃グラスタと火力的にはあまり差が無く、より速度を高められるコチラの方が有効な場面は多い。また、こちらに関してもAF中はブレスソウルを撃たないためAF運用なら尚更つけるべきだろう。

消費MP減少

ブレスソウルを連発する場合はMP消費が重いため持たせたくなるが、火力サポート力の高いデュナリスであればしっかり運用すればMPが尽きる前に敵を倒せる場合が多いので、あくまで必要なら持たせる程度の扱い。HPが盛れるのはありがたい。

サブメンバー時HP/MP回復量UP

こちらもHPが盛れるのがありがたい。耐久的に使うのであれば選択肢になる他、火力重視の場合も微妙に耐久が足りない場合にこれ1つで耐えられるようになることはあるので検討はしてみるといい。

編成

そのAF適正度の高さと、クリティカルバフ連発による非AF時の火力サポートの強さから、属性問わずありとあらゆるパーティに採用できる。風属性で組む場合はアザミ、フェルミナ、ASルイナ、両シュゼットなど火力と攻撃回数の多いキャラを中心に組みたい。

同属性のシュゼットやルイナはモチロン、ASナギやASメリナ、ASシェイネにASロキドなど、クリティカルの恩恵が大きいASキャラとも全般的に好相性。特にASシェイネはクリティカルが出ないと始まらないので、ASシェイネ側から見て最高の相方になるだろう。

使い方次第でどんなパーティでも役割が持て、空いている枠にとりあえずデュナリスを入れてみるだけでもパーティの完成度がグッと上がる。仲間になったのなら積極的に採用していきたいキャラだ。

資料

Ver2.1.20で新しく実装された魔獣の青年。理由は定かではないが、当日突然の告知となりユーザーを賑わせた。このデュナリス実装の告知から、公式Twitterアカウントで事前にキャラクター性能(ステータスや武器、属性に代表的なスキルの挙動など)を紹介してくれるようになった。

性能的には何をやらせても強い万能タイプのサポートキャラであり、圧倒的な強さで様々なパーティに採用が期待される。特にクリティカルバフは少々やりすぎなくらい強くて汎用性も高い。

新たなアナデンアニマルズ(勝手に命名)であるブランを相棒としている他、星5イラストではマント(獣形態との境界)に顔が浮かび上がっているなど、イラストもなかなか凝ったものになっている。このあたりは是非仲間にしてキャラクタークエストをプレイしてみてほしい。

星5クラスへのクラスチェンジに必要なソウルブリンガーの書は蛇肝ダマクVHでドロップ。

0